2021/1/18  0:03

P-51D ムスタング1/72  飛行機模型

アメリカ陸軍 航空軍

North American P-51D Mustang

              タミヤ・エアフィックス 1/72

1/72手持ちのムスタング全部作ろう!!大作戦も、いよいよ最終ロットになりました。

手持ちの中でも、最後発の部類に入る、タミヤとエアーフィックス新金型であります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも、キレイなスジ彫なので、なんかイイモノが出来そうーな気がする(笑)

 

確か、タミヤのキットが先に発売されていたと思いますが、エアフィックスが先行しています。

最新キットでありますので、作りやすさとか正確さには期待が大きいのですが、さて、どんな

もんでしょう。


内部、コクピットの作りは両社ともよく似ています、  床と冷却器のダクトとを一体にし、

上に、燃料タンクと通信航法機器がモールドされていますので、それらしく塗分けますが

それほど細かくは塗分けません・・・・どうせ見えなくなりますから・・・・

※エアフィックス
クリックすると元のサイズで表示します

※タミヤ
クリックすると元のサイズで表示します

 

先に、エアフィックスが士の字になりました。・・・・・がココまでが大変でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

主翼と胴体が嵌りませんでした。   無理に押しこむと嵌るには嵌るのですが、上反角

が全くなくなり、調整も出来ないほど、ギッチギチです。   よってカポっと軽く嵌るまで、

主翼と胴体が接触する面を全部削り合わせる必要がありました。   


嵌らないのはフラップも同様で、爪の大きさや角度を削りあわせないと嵌りませんでした。

このフラップの爪は切り飛ばしても大丈夫かもしれません。

こんなはずはないなぁ〜とネットで制作記を捜しましたが、こんなに苦労したという記事は

ありません・・・・・・んん〜んどうしたことか・・・・なんか間違えたか??


主翼は上下貼り合わせてから胴体へ接着という組立図になっているしねぇ〜

コクピットパーツのサイドを削って、胴体幅を絞らなければならなかった???いやいや

前後寸法は物理的に嵌らないので、それだけではないと思うんですけどね。。

 

塗装は、タミヤのデカールを一部流用して、チャックイェーガーの1944の乗機といたします。

クリックすると元のサイズで表示します 



なお、タミヤのキットは現在士の字の手前です。






1



2021/1/20  11:24

投稿者:nananiya72

carolpapa 様 コメントありがとうございます。

タミヤも主翼が付きましたが、全く問題ありませんでした。 ただし、
根本の隙間がなくなるように接着すると、上反角は少しきつく
なりますので、自家製のゲージに合わせて、少し調整しました。 
次回アップでは、士の字同士で比較してみたいと思っています。

2021/1/19  20:23

投稿者:carorupapa

エアフィックスとタミヤのP-51同時制作ですか、どちらのキットも素晴らし
いということですが、主翼を取り付けるときに少し問題が出るようですね、
タミヤにも同じような問題が起きるのでしょうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ