2021/1/8  16:16

Saab J-29 テュナン 1/72  飛行機模型

SAAB 29 Tunnan

オーストリア空軍戦闘機

HellerAirfix 1/72

 

WWU後スウェーデンのサーブ社が開発したジェット戦闘機です。
クリックすると元のサイズで表示します

MIG15F-86等と同様に、それぞれに祖先をたどるとドイツの計画機

Ta-183フッケバインに行きつく初期のジェット戦闘機です。
ちなみにエンジンはイギリス製です。

立派な成功作なのに「樽」という命名は自虐か?? 確かに、同時期の機体

に比べると、ぽっちゃりバディーではありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
※・・・案外そうでもないかなぁ

 

Airfixの再販のふれこみだったのに、中身はエレールの古いキットで、やっぱりね

と言う感じでしたが、だまされたー!   と言う気はしませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

■昔のパッケージです。

古いだけあって、当然凸モールドです、それも極太! マッチボックスが運河なら

これは「塀」ですか・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※昨今1/48のキットが販売されていますが、そこまでお金を出すほどの魅力は・・・・

 

かなり昔に2個買って、1個スウェーデン空軍で作り、ずっと在庫になっていた

キットです。 


使用国が2カ国しかありませんので、スウェーデンを作ったならばオーストリアも

作らねば・・・・・というある意味落穂ひろいとなります。

 

特にムズカシイところはありませんが、機首に錘を仕込むのがちょいと工夫の

いるところです。  スペースがかなりタイトなので、ココがネックで、前回作った時も

苦労していた思い出があります。


今回はこの錘を入れるのをつい忘れてしまい、機首下面部分とインテークリップを

剥がして錘を入れるというドジを踏んでしまいました。

当然剥がしたパーツを再度接着するとキレイにはなおりませんで、そこでもまた苦労

することに・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

全体銀を吹きエンジン外板部分、排気外板部分のなどに銀を数色使いますが、
極力フリーハンドで色分けし、マスキングはインテークリップのみ
で、済ませました。

現在はデカールも終了・・・・・位置指定のない「11」と言うデカールが謎

の他は黄変もなく全く問題ありませんでした・・・



15年ほど前のキットのはずだが。

 

 

1



2021/1/13  11:33

投稿者:nananiya72

carolpapa 様 こんにちは・・コメントありがとうございます。
なぜか、スウェーデン機は迷彩(ドラケンカラー)で偵察機の指定です。
前回作った時は資料見て、銀色のスウェーデン機にしました。  
コンゴ動乱に派遣されたテュナンはアフリカ呪術風の迷彩になってます。 
筆塗りには最適迷彩ですので、一度ググってみてください。
ここ数日体調不良で、止まっていましたが、本日中にアップ予定です。

2021/1/12  20:29

投稿者:carolpapa

エアフィックスのテュナンは、エレールの金型でしたか、エアフィックスは迷彩塗装なのですね。この時代の航空機は楽しいですね。

2021/1/8  22:14

投稿者:nananiya72

はつたか 様 コメントありがとうございます。
スウェーデンの飛行機って皆ユニークなカタチをしていますので、
スキですね(笑) 勢ぞろいさせたはずですが、何故か写真が
見つかりません、1/72で B-17、J-21、J-29テュナン、J32ランセン
J35ドラケン、J37ビゲン、J39グリペンを並べたはずですが・・・・

でも、J32ランセンはもう一回作りたいです。
でもカタチが凡庸で塗装も面白みがないんですよね。。
1/48はあるんですけど、買っていません。

隙間で各国の機体を導入していますので、その辺も面白いかもです。





2021/1/8  18:54

投稿者:はつたか

お疲れ様であります。
この飛行機もユニークなスタイルで楽しいですね。
ドラケンやビゲンと並べてみたいです。
エレールのキット、独特な雰囲気があって好きです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ