2020/11/30  23:31

イギリスが拾ったムスタング  

イギリス空軍

North American 

Mustang MKT 

               Special hobby1/72

 

スペシャルホビー 1/72 ムスタング MK1 が完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

左舷後部窓がバブル型の写真偵察機であります。 偵察型とはいっても、

戦闘機型と同様12.7mm4丁+7.62o4丁の多銃装備のとなっています。

攻撃機&偵察機として、イギリス空軍で使われているのをみて、アメリカ陸軍

航空隊も本腰を入れ始めました。

というわけで、ムスタングMK1NA-73)からP-51A-36が派生して

いったということのようです。  この極初期の機体については諸説入り乱れて

いるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

という訳で、いささか勉強いたしました(笑)

それは19402月、イギリス空軍がノースアメリカンに「P-40が欲しい、

すぐ作れないか」と打診しました。

対してノースアメリカンは「同じエンジンで、もっといいヤツをすぐに造れる」と応じ、

8か月後にNA-73が初飛行しましたが、その後アメリカ陸軍航空隊のチャチ

が入ったりしましたが、ムスタングMK1として、イギリス空軍で使われ始めました。

ということは、イギリス空軍がキックオフカスタマーである。  コレはポイントの1

 

その後アメリカ陸軍航空隊が開発を続行させて行くのですが、初期の動きや

いきさつなどに、そんなに詳しい解説は見つけられませんでした。 

まず、アリソンエンジンのムスタングMK1とありきで、アリソンエンジンのP-51A-36

があり、 パッカードマーリンエンジンのムスタングP-51各型が続く、というのが

ポイントの2

ということで、記事タイトルから “(P-51)” を削除しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

このキットは初期のP-51A-36のキットのニコイチということを前回書きました。

ということで、余ったパーツを・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

 

主翼には、90度の急降下爆撃を可能にするダイブブレーキがモールドされています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

翼下面は前方支点で起立しますが、モールドだと主翼下面では後方に支点があります。

上下面での角度均一を確保するための工夫で動作が逆になっているのだろうか。。

 

これで、イギリス空軍のMUSTANG MKT、U、V と揃いました。
クリックすると元のサイズで表示します

 

次も仕掛かっておりますが、P-51つながりで行くか、この際だからNorthAmerican

行こうか・・・・・F-86系も作りたいのですが・・・・





3



2020/12/2  11:06

投稿者:nananiya72

しおちゃん様 こんにちは。。
一人ムスタングまつりとは、認識しておりませんでした(笑)
P-51Dがあと4機あります。
エレール・エレール・タミヤ・エアフィックスです。
エレール2機は同時進行中です。

ウチもゲートガード制度採用したいのですが、干支の置物が・・・・

2020/12/1  17:54

投稿者:しおちゃん

今晩は。

ひとりムスタング祭り、お疲れ様です(笑)。
ノースアメリカン祭りも大歓迎です。
楽しみにしております。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ