2020/11/23  22:45

本家、米軍ムスタング  飛行機模型

U.S.ARMY Airforce

North American

P-51B MUSTANG

              Airfix1/72

 

P-51のイギリス空軍版を2機作ったところで、まだレザーバックタイプの在庫があり、

目に入るにつけモヤっとなるので、作ってしまうことにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これは主翼パーツのうらに1986年とモールドされていましたので、在庫品の中では

比較的あたらしい部類に入ると思いますが、 パーツ状態での出来のほどは、さほど

感心できるものではありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

表面は遠慮がちな凸で、オールドエアーフィックスではお馴染みのリベット表現はほぼ

ありませんので、その辺がキットの新しさなのかもしれません。  

脚柱は一本棒ですが、「フロッグ」と「モノグラム」では省略されていたトルクリンクが

表現されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

塗装はヨーロッパ戦線でのへニーWブラウン中尉としか書かれていませんが、

ヘニーWブラウンは、わずか半年ほどで第355戦闘航空団のエースになったそうで、

Wikipediaにちゃんと載っていますので、HenryWBrown で検索を・・・。

まぁ、なんともアメリカンな派手塗装ですが、よく似合っていて、ムスタングらしい。

当時の写真では、風防のうえにちょっとブサイクなバックミラーがついています・・・
・・・追加しなくっちゃ(汗)。。

 

バックミラーを無くすために、こののちマルコム風防が配布され、各々せっせと現地で

取り替えたらしい・・・・・

 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


このデカールも30年以上の年季ものですが、チャック付きビニール袋保管だったからか

ちゃんと使えています。 デカールの出来は・・・・まぁエアーフィックスですから(笑)

 

下面のラジエター排気系のベントは2つともありませんので、自作しました。

アンテナ、尾輪カバー、プルペラ軸も作り直しています

 

以前から仕掛かっているムスタングMKTもついでに仕上げたいと思っています。

スペシャルホビーですので、合いはキツイところにもってきて、なぜかポリパテが乾か

ない現象が・・・・・硬化剤の劣化??量が少ない??気温が低い??

 

ということで、今晩の削り上げは無理なようです。 硬化のために一晩おきます。








1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ