2020/10/30  22:27

三菱 MU-2(航空自衛隊)  飛行機模型

Mitsubishi MU-2A&J

航空自衛隊 救難捜索機・飛行点検機

潟nセガワ1/72

 

航空自衛隊ではすでに退役済みの機体ですが、そろそろ作らないと

クラッシック・プレーンになってしまいますので、作りかけではありませんが、

落穂ひろいの一環として、2機同時進行です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

現在飛行点検機はU-125の後継として自衛隊呼称U-680と呼ばれる

セスナサイテーション・ラチチュードという機体が導入され、入間基地から訓練

でしょうか、さかんに飛んでいます。

 

現役のU-125がそろそろ機体寿命を迎えつつあるようですので救難捜索機

の新機種も導入されることになるようですが、飛行点検機と同じサイテーションに

なるのか、米軍が救難捜索機に使っているボンバルディア・チャレンジャーとなるのか・・・・ 

 

さて、このMU-2はハセガワから発売されてから何年にもなりますが、最近また

牽引車付きで再販されています。

 

1/72ですので、従来通り飛行姿勢にしようと思っています。

ジャンクパーツからよさげなジェットパイロットをリクルートしていまして、これは多分

エアーフィックスのパイロットだと思います・・・・・

折角のフィギィアーですが、窓をスモークにしたので、ほとんど見えません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します 

この機体が現役のころは、ヘルメットは白、スーツはオレンジでしたので、そのように

塗装しています。    着座位置がずいぶんくっついているとおもわれるでしょうが、

コクピットは非常に狭いので、フィギィアーが大きすぎるというわけではありません。

フィギィアーも計ってみると、175pほどのパイロットですので、本当に操縦室は

狭いようです(360tだったころの軽自動車イメージ)。

 

どちらも、ツートンカラーですが、高翼配置では塗装が面倒なので、胴体、主翼

水平尾翼を別々に塗装しようと思います。

幸いなことに、主翼と水平尾翼は嵌合具合が非常に良好ですので、別々の塗装は

可能だと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

でも、飛行点検機の垂直尾翼の市松模様って、塗装でやったことがないな・・・・・。

 

発注中のキャノピーマスキングがまだ届きませんの、ちょっと休止です。

土曜日の郵便配達はもうヤメになってたんだっけ??

 

 

 

 

 

 

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ