2020/10/15  23:12

ITALIAN TONY  飛行機模型

AeroMacKi-61 Rondine volante

イタリア空軍 戦闘機 飛行する燕

          アリイ(オオタキ) 1/48

息抜きにイタリアンテイストの飛燕を作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
2007年あたりにこの太目の飛燕をイタリア機にしてみようと思い立ち、
国籍標等のデカールは用意しておきましたが、このピーマン輪切り迷彩に
チャレンジする機会がなくずーっと眠っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します   

最近(っと言っても2,3年くらい)この輪切り迷彩、スモークリングと
いうそうですが、デカールが手に入ったので、ようやく完成させることが
出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
アエロマッキでは、プロペラのトルクを相殺するために、右の主翼を短く
するという方法をとっていますが、この機体では、水平尾翼に小フィンを
付けました。

下面のラジエターの形状も変更して、ムスタングに近づけたつもり・・・
プロペラも直径の大きいものに変更しています。

クリックすると元のサイズで表示します
このスモークリングのデカールは、改めて確認すると、1/32用と書かれて
いましたが、まぁまぁ違和感はないと思います。


あとから実機のスモークリング迷彩を見てみると、もう少しまばらな
配置になっています。
胴体のパターンは文字と国章を中心として,クリアランスをとった迷彩
パターンの位置決めをすべきでした。

クリックすると元のサイズで表示します

避け方が少し不自然になってしまいましたが、先迷彩で後から文字国章に
しなくてよかったと思います。  
このスモークリングのデカールはケッコウ厚いのです。。


もう一機同じくイタリアンテイストの飛燕も完成しているのですが、
ちょっと都合があり、またの機会といたします。
※こちらは胴体長を変える改造をしておりますので、
 もっとスマートな機体です。




1



2020/10/17  1:04

投稿者:nananiya72

しおちゃん様 毎度コメントありがとうございます。

元々おなじエンジンなので、似てくるのですが、メッサーとはまた別な
似かたですね。  なのであんまり違和感がないのです。

水平尾翼のフィンのほかにも機首をすこーし延ばしています。
スピナーはハセガワの飛燕から、プロペラは、馬力が上がっている想定
なので、ハセガワのムスタングのものに交換しています。
また、翼下にガンポットを追加し、MG131・12.7o機銃6門(丁?)装備
という想定にしていますので、飛燕よりも強力です(笑)。

アリイの飛燕は主翼も厚く出来ていますし、胴体も幾分太目に見えます
ので、マッキに化けさせるにはピッタリですが、脚の出来はアリイの
例にもれず貧弱でした。

せめてタイヤくらい交換したかったです。

2020/10/16  17:47

投稿者:しおちゃん

今晩は。
イタリア迷彩が似合いすぎです。どひゃーと驚いてしまいました。しかも
オリジナル飛燕ではなく、ずーっと精悍さを増したマッキになっていますね。これは見どころ一杯でいいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ