2020/7/26  22:01

EF-10Bスカイナイト  飛行機模型

U.S.NAVY / MARINES

Douglas F3D-2Q Skyknight

 

アメリカ海兵隊F3D-2QEF-10B

スカイナイト電子戦機

           チェコモデル 1/48

 

エンジンポットというかフェアリングというか、このキットのばあい、エンジンを格納する
故のふくらみが全くの別パーツというあたりが、簡易キットの宿命なのでしょうか・・・・

普通のキットだったら、胴体の左右パーツ一体成型となるのでしょう。

どうみたって、まともにはくっつきそうもない構造でした。
クリックすると元のサイズで表示します  

難しさはF-15Eのコンフォーマルタンクの貼り付け作業に匹敵するのではないかなぁ

 

埋めたり削ったり、埋めたり彫ったりで、無限ループの真っただ中・・・・・さらにサフェーサー

を吹くと、それなりな「粗(アラ)」は見えてくるわけで・・・・修正の多いキットはそれなり

に手がかかりますので、ここはグッと耐え忍ばなければです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します  

この辺で失敗するとあきらめ感が増大して「ゴミ箱特攻」となる場合もありますが

 

それでも、キャノピーの合わせ調整まで進みました。  しかし、これもまったく合いません(笑)

高さが、2oほど高く、前後はまぁまぁ微調ですみそうです・・・・・高さは削るしかありません。。。

幸い、パーツの厚みがありました、3ピースながら接着強度はありましたので、キャノピーの

底面をガシガシ!!・・・・  このキャノピーはなんとかなりそうな気がしています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

今のところは、まぁ、そんなにカッコワルリー飛行機というほどではありませんし、見た目には

ベトナム参戦時の写真により大型増槽を装着するので、もそっと迫力が増すように思いますが、

脚を付けるとその見た目は一気に駄作っ機になりそうな予感しかしませんが、初期ジェット

という割引を入れてもらえると幸いです(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します
たしかに、わっかりやすいカタチしてますよね。。



前回の記述で遠心式ターボジェットについて、内容が不適切でしたので、削除しました。

遠心式ターボジェットエンジンは起源としてロールスのニーンエンジンというのがありまして、
これはあろうことか、当時のソ連に渡って(渡して)しまいミグ戦闘機に使われました。
アメリカに渡ったものは、やはり初期のジェットのエンジンとして使われています。
T-33に使われたJ-33というエンジンはF-80、T-33、F-94その他に使われていました。

この遠心式ターボエンジンの概念は決してオワコンではなく小型のターボジェットエンジンの
セクションとして今も使われています、ターボシャフトやターボプロップ用のエンジンには
必ずといってもいいほど採用されおります。

色々なところに、この遠心式ターボの基本が応用されておりますので、調べて見ると
面白そうです・・・・がワタクシはそんなに根気はありませんでした(笑)






1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ