2020/7/21  16:05

EF-10Bスカイナイト  飛行機模型

U.S.NAVY / MARINES

Douglas F3D-2Q Skyknight

 

アメリカ海兵隊F3D-2QEF-10B

スカイナイト電子戦機

           チェコモデル 1/48

 

チェコモデルの1/48 スカイナイト、制作中であります。

簡易キットとはいえ、この時代のものともなると、精度の高いものもあるのですが、これは

どっちなんだろう。。。。
クリックすると元のサイズで表示します

主翼の装着でも問題が・・・・・胴体側の主翼の取り付けが少し上下方向にズレが

あるように見え、なかなか上反角が揃わないので、付け根修正・・・・削れ削れ!
クリックすると元のサイズで表示します

 

上反角の難が去っても、まだまだ・・・・見込んだ通りにエンジンポットというか、エンジン

フェアリングの接着が難航しています。
クリックすると元のサイズで表示します

 

インテークパーツとフェアリングが合わないので、切除しなければなりませんが、その際に

接着剤が切除の際の力に負けて、インテークパーツが脱落しましたので、フェアリングを

剥がしてやり直しとなりました。

 

瞬間接着剤が弱かった?? アロンのEXなんだけど・・・・DAISOのこいつはメチャ

固くなるのでコッチでやってます。  3本セットで¥110(税込み)です。
クリックすると元のサイズで表示します

使ってみる価値はあると思いますが、品質が一定かどうかについて、DAISOの瞬接

について、一定の疑念は持っていますが、Made in Japanとは書いてある。

 

眺めてみると、20o機関砲を4門、機首の下面に装備しているのですが、内側の砲の

位置がおかしい・・・・この位置では首輪の収納庫内に機関砲がなければならない位置
になっている       これはダメだろう・・・しかし修正の術がないような・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

首輪の収納庫の奥側に見える扉のようなものは、脱出口のようです。

古い機体ゆえに射出座席を装備しておりませんので、操縦席後部の扉を通って

この扉から脱出するのだとか。。。。そんな古いジェット機なので、インテークから覗く

タービン羽は本当か??っと思い調べましたが、ちゃんと軸流のターボエンジンを

装備していました。

初期のジェット機によくあると思っていたT-33に使われていた遠心式ターボでは

ありませんでした。
   

あと数日はこのエンジンフェアリングのフィッテイング修正が見込まれます。
クリックすると元のサイズで表示します



 

 

 

 

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ