2019/12/14  22:11

JA-37 VIGGEN1/48  飛行機模型

SAAB JA-37 JACTVIGGEN

スウェーデン空軍迎撃戦闘機

サーブ JA37 ヤクトビゲン  

ESCII TARANGUS 1/48


一連のヘリコプター作りたい熱がようやく収まり、ビゲンに戻りましたが、大問題!!


ESCII
版は本体がサフェーサーまでいきましたので、今度はTARANGUSのビゲンです。

実は、コクピットとか増槽とかの小物パーツの作成や、大きなパーツのすり合わせなんかは

進めていたので、テープ組をしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

インテークの組付けです。。 上下貼り付け式ですので、インテーク側面の合わせ目消しが

必要です。 あんまり見えませんが、LEDランプで覗く人がいるので、処理します(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

ビゲンの大きな特徴として、スラストリバーサーがあります。 3枚の板でエキゾーストを塞ぎ

後部胴体側面から逆噴射することで、着陸距離を短くし、さらに後進が出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します

このパーツは開状態と閉状態の選択ができるのですが、ESCIIを閉にした(ノーマルが閉)

ので、こちらは開にしますが、エキゾーストの内側にあたるパーツがこれでして・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

まぁこれは、しょうがない・・・・ モールドのある面にこの押しピンあとが来たら目も
当てられない。


並べてみました・・・・・・ここで問題発生、発覚です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

上下とも、左がESCII 右がTARANGUSです。

重ね合わせてみると、TARANGUSのほうが、5oほど長いです。  

実機のデータ16.43mが、ピトー管込みの全長だと、ESCIIのほうが正しいみたいですが、

ピトー管抜きの全長だとTARANGUSのほうが正しいみたい・・・・となり、

プラモデルでよくあるやらかしなのですが、どっちなんだろう。

カナードの後端あたりから先端に向かってズレが少しづつ広がっていますので、長くするにせよ、

短くするにせよ前胴体を3〜4個に輪切りしないと微調整ができない。

そんな面倒は、未完成につながるので、この差は30数年の時差ということで(んなバカな)



修正はしないにしても、実機の正しい全長が知りたいです。



さらに、調べてみますとAJ-37攻撃機型とJA-37迎撃戦闘機型の差というものが、

プラモデルに災いしていると言うのが、どうやらその原因のような記述が出てまいりました。・・・

 

これはそのうちに。。。

2



2019/12/16  16:40

投稿者:nananiya72

carolpapa様 コメントありがとうございます。

全長が違うというのはワケありで・・・・
判明したことを当てはめても、5mmというのはおかしいのですが、
納得できたことを、次回アップします。

2019/12/16  9:12

投稿者:carolpapa

ヤクトビゲンの制作再開ですね、エッシーとTARANGUSのキットで5mm全長が違うとか、72サイズだと5mmは大きな問題ですが、48サイズでは許容範囲でよろしいかとも思います。😁

https://carolpapa.blog.fc2.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ