2019/8/13  12:01

MIG-27 Flogger 1/48  飛行機模型

ソビエト連邦空軍 


MIG-27
 Flogger-D戦闘爆撃機


      イタレリ・エッシー1/48


機首の改造をしかけたまま、ずいぶんと止まっていましたが、再開しました。

形状はなんとかなる見込みですが、表面がなかなかツルツルになりませんでした。

やはり、パテを複数種使ったのが災いしましたかねぇ〜・・・・
クリックすると元のサイズで表示します


エポキシパテ、ポリパテ、は厚盛なので、削るとスが出来ました それを溶きパテで

埋めるのですが・・・・・うまくいきません。   混ぜ物瞬間も使いましたが、

さらに、削れかたが微妙に違うので、なかなか面一になってくれませんでしたが、

なんとか、なったのでしょうか・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


伸ばしっぱなしであった、機首先端を切り詰めました。  まぁまぁですかな?
クリックすると元のサイズで表示します


こんな状態なのに、早くも武装を気にし出しています。

爆弾はこれがついています。
クリックすると元のサイズで表示します

大型のクラスター爆弾なのでしょうが、これではなんか嘘くさい・・・・


ということで、貰い物の爆弾とマルチラックで見映えをよくしましょう。。
クリックすると元のサイズで表示します


可変翼キットの翼下の吊るし物は、可変角に連動した角度に向くような仕掛け

は作れそうにありませんから、ネオジム磁石でパイロンを吊ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

強力なはずのネオジム磁石ですが、パイロン側の金属面積(体積)が小さいせいか

吸着力がつよくありません。タンクまで付けたらどうなるのか、あやしい感じです。

そろそろ、軌道修正していかないと、あとが苦しくなるのがわかっているのですが、
こうも暑い日が続きますとねぇ〜・・・・・


1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ