2019/7/2  17:23

AW-101 MERLIN MH.1/2   飛行機模型

ROYAL NAVY 

AgustaWestland AW101 Merlin

艦載対潜哨戒ヘリコプター HM.1 & HM.2

 

なんとか、胴体の完成となりましたので、HM.1のデカールを貼りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
                                           ※ アンテナは自作しています


特に問題はなかったのですが、貼付位置指定が左右で若干違っていました。

また、実機画像と比べますと、ちょっと・・・というか、なんでこんなに違うのよ!!。


相も変わらずのイタレリだましい(ダマシ)であります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なお、HM.1は初期型なので、HM.2のほうは、実機画像をフィードバックしたいと思います。

 

胴体もできましたので、頭の痛いローターの塗装です。  このローターは多分カーボンなの

でしょうが、 注意線がないかわりに、ローター前縁がメタリック色なので、マスキングがローター

10枚の裏表ということになります。   さらに、この頃のヘリコプターなので、ローターの翼端の

形状が特殊でありまして、妙なカタチと曲面で構成されております。

クリックすると元のサイズで表示します

色々と工法を考えましたが、 形紙を作って、20枚マスキングテープを切り出して、それを

パーツに貼り付けるという方法でやってますが、カッターさばきの問題もあるのでしょうか、

ケッコウ補修しながらの作業でした。



我ながら我慢強い子でありました。←褒めてあげたい(笑)

 

 

 

1



2019/7/3  23:42

投稿者:nananiya72

majiri さん こんばんは。
コメントありがとうございます。
実は、まだまだ根気のいる作業が続いていまして、はみ出し等を筆で修正
していました。  銀と黒を裏表で2工程・・・・いわゆる銀で修正のミスを
黒で修正、 その修正ミスを銀で修正  となかなか終息しません(笑)
イタレリのデカールはもともと優秀で、あまりシルバリングは起こりません。
この場合は機体表面が少々ざらついていますので、クリア部分は目立つ方でした。
デカール貼る前にスポンジやすりで均しておけばよかったか? でも凸のリベットがねぇ

デカール糊追加とともに、タミヤのアルコール系の溶剤「X-20A」で濡らしています。
まぁ、半艶クリアでOKになると思っています。

2019/7/3  13:21

投稿者:majirisan1954

褒めます!
我慢強さと言いますか、根気のいる作業だましいに
感服致します。
写真を拝見するとデカールの余白部分というか、テカリ
を感じませんが、余白切り以外に何かされてますか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ