2010/9/18  21:12

奇襲攻撃の先兵  飛行機模型

An−12v COLT

COLTと言うのも、「C」がついているのでNATOのコードネームなのか?

見かけによらず、難物であります(トラペというところで気づけよww)。

「え!?ホント?」というような隙間が開きます。 
下翼と胴体はつけ方を間違っているのかと思うほど合いません。
上翼とキャノピー、上翼と胴体、キャノピーと胴体・・・・も合いません。

プロペラもゲートの位置のせいで、エッジを削らなくてはなりません。
フロートもキレイなパーツだったのですが、右と左でも合いかたが違います。

      なんとか、こんなトコまできました。

クリックすると元のサイズで表示します

前回上反角がキットのままでは不足と書きました。
ご覧のように、下翼には上反角が無理なくつきました(合いがイーかげんなせい)
上翼にも装着後に上反角がつけられるように細工していますが、
ここで大問題・・・・が発覚

翼の支柱が寸法不足でキットのパーツをつけたのでは上翼、下翼の上反角が
一致しません、平行にならないという・・・・・・。

手前のパーツなんですが、いくら空気抵抗なんか気にしていないような
この飛行機でも、この分厚さって・・・・ あるような、ないような。

この調子では、フロートの支柱類もその寸法はアヤシイもの・・・

ちょっと面倒見切れなくなってますんで、「一時中止!!」。

来週末には完成の予定だったんですがネエ〜・・・・。
0



2010/9/19  20:00

投稿者:nananiya72

シロイルカさん こんばんは。

ステルス性云々は西側があーだこーだ 言うとるだけなんではないでしょうか・・・・
そんな場面で使われたら困るなということで、こいつが使われる場面は
すでに想定済みかもしれませんね。

山間部を縫ってこられたら・・・・まさに「義烈空挺隊」のようなもの。


低速機はドップラーレーダーで補足できず、中東では米軍機が
ヘリコプターにやられるところだったらしい

2010/9/19  19:50

投稿者:nananiya72

JackD さん こんばんは、早速のコメント恐縮です。

このキットは発売後数年たっておりますし、完成品も目にしておりまし
て、その完成品のブルーに魅せられて、購入に至ったわけで、
そのうち「水上機」テーマもあろうかと、在庫していたものです。

特に、先駆者、人柱?、開拓者 と言った気概はまったく・・(笑)

こうして、あっさりと完成見送りにしましたので、思いいれは
知れたものですよ。

フロートを付けると、ただでさえ鈍足なCOLTがもっと鈍足に
なるんでしょうね。

2010/9/19  13:30

投稿者:シロイルカ

ステルスとかいってもこの低速じゃ対空機銃で簡単に落とせそうな気がしますねぇ(笑)
夜影にまぎれて発動機を切って滑空で進入?とか
小火器だけでねぇ・・・

2010/9/19  2:10

投稿者:JackD

人柱、ご苦労様です。え、違うの?

さてさて。写真で見る限りではそんなに悲観するほどでもないような。やっぱフロートの方がかっこよく思えてきました。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ