2019/5/9  12:03

第33回SLB作品展C  飛行機模型

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

前回に引き続き、展示模型を掲載します。

今回は多数の1/721/48レシプロ作品のなかから、ピックアップ(個人の好みですが・・・)

した作品を掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します
最初は多数のミステルのなかから、JU88とMe109の組み合わせです。
架台もしっかりしているところから、ちゃんとした資料があったように見えます。
ワタシも一つFw109との組み合わせのキットを持っているのですが、
こんな架台だったかな・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
イタレリ1/48のRF-4Eです。  存在は知っていましたが、箱を開けた瞬間から
やる気の失せるキットだったはず。。。 ちゃんと作るとこうなるのね。。。
背中のカンジはハセガワよりもいいかも。

クリックすると元のサイズで表示しますMiGー29フルクラム1/48(アカデミー)

 



クリックすると元のサイズで表示します垂直尾翼に人物が・・・・

クリックすると元のサイズで表示しますこちら側にも・・・・
別売りのデカールなのですが、どこのものかを聞き忘れました。
おそらく、ホビーショップはせがわ店内の膨大な在庫のなかから選んだのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
このJU88の垂直尾翼のマークが目を引きました。
クリックすると元のサイズで表示します拡大してみると、船舶の撃沈マークのようです。
ドイツ機マニアには知られているのかもしれませんが、初見でした。

クリックすると元のサイズで表示します
マイルス マーチネット標的曳航機 というんだそうです。 初めて見ましたが
1700機(練習型合計?)も作られていたんだそうです。
左舷に突き出た風車で標的(吹き流し風な・・)を巻き上げるようです(想像だが)
なぜ、黒と黄色に塗分けられていないのか・・・については、目立つと撃たれるから・・・
というので衆目の一致・・・・納得です。

クリックすると元のサイズで表示します
B-24Jリベレーター  中立国スイスに不時着(避難)して接収された機体だそうです。
全面のアルミテープを貼り付け、ルーラーでリベット打ちを・・・・途中で気が狂いそう・・とか
言っていましたが、やろうと思うこと自体どうかしている(笑) 重量感、実物感とも
存在感は圧倒的ですね。

まだまだご紹介したい作品がありますが、ちょっと時間が無くなってきましたので、
また次回ということで・・・・・

==========================================================
 

あくまでも個人的な趣味で選んでおり、評価や批評をしたものではありません。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ