2019/5/5  21:01

第33回SLB作品展@  飛行機模型

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

今年も開催中です。  好天に恵まれ、所沢航空公園の人でも多く、

当作品展も大勢の皆様にご覧いただいております。

展示内容はと申しますと、テーマの「F」なんてどこ吹く風とばかりに、多種多彩な

作品群で、どうご紹介すべきか、もがき苦しむような状態になっております。

ひとまずはその全景です。
クリックすると元のサイズで表示します
総数260機余。。。
クリックすると元のサイズで表示します
機数が多いため、特設の展示台で補ってます。
場所柄、お子さんも多いため、手を触れられないように会議卓一つを
バッファーにしなければならないという事情があり、スペース不足の原因になっております。

 

1/48ジェット群を順を追って掲載します。
クリックすると元のサイズで表示します
奥側のRF-4Eファントムは、あのイタレリのキットです。
手前側のF-18はG型

クリックすると元のサイズで表示します
3機とも田宮の新キットで、 案外作り手を選ばない良キットのようです。

クリックすると元のサイズで表示します
奥側のRF-4Cは多分Monogramベースの切った張ったの改造品、
機首部分とRF特有の下面部分はイタレリ製 数年も前からの仕掛品
を今般やっと完成とか・・・・
2機目のファントムはアカデミーと造形村新キットとの比較用です。
なお、造形村の後部胴体は当然ながら修正されています。


クリックすると元のサイズで表示します
造形村がもう2機の合計3機の展示です。

クリックすると元のサイズで表示します
フルスクラッチビルダーの手になる新旧飛行点検隊の機材と、救難飛行隊の
機材。  なお、救難ヘリはイタレリの改造です。

クリックすると元のサイズで表示します
同じく救難飛行隊の洋上迷彩機 同じく洋上迷彩の救難ヘリは、SUNNYの
絶版HH-60D ナイトホーク試作機よりの改造です。

U-125A後方も同じくフルスクラッチのT-400練習機です。

クリックすると元のサイズで表示します
軍用のダッソーファルコン10ビジネスジェットです。 スウェーデン空軍機と
フランス海軍機   (スウェーデン機はフェイクww)

クリックすると元のサイズで表示します
HondaーJetが各色並んでいます。  この集団作成がSLBの
名物でしょうか。。  ここまではサブテーマのビジネスジェット機とその関連
でした。

クリックすると元のサイズで表示します
ラファールAはフランスの「F」として、トーネードは??どこが「F」?
MIG−23はNATOコードはフロッガーだから「F」 OK。

クリックすると元のサイズで表示します
MiG29フルクラムのポーランド空軍機記念塗装。。次のSU-27ですが
独特な迷彩色で、どこの?? エリトリア空軍とか・・・それってどこ??状態(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
SU-27のアクロチームカラーとSU-37 大型機ではみ出るため、こんな展示
になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
この2機はSU-30なのですが、実のところよくわかってないので、後日に
補筆いたしますm(_ _)m。。 

クリックすると元のサイズで表示します
SU-34と各種ウェポンです。
貴重なスペースなのに、なんてことを・・と顰蹙をかいながらもコーナーを有効利用で
なんとか、地面と搭載物を置いてしまいました(笑)。。意外と好評です(^^♪

クリックすると元のサイズで表示します
ステルス戦闘機が並びますが、ステルスとして見学者が認識するのは手前の
F-117がダントツ有名  普通じゃないスタイルがインパクト大ってことでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
試作で終わったYF-23 いくらステルスでもこうもデカいとどうなんだろ。。

今回はここまでといたします。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・続く。。m(_ _)m

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ