2018/10/31  20:56

PORSCHETURBO  

PORSCHE TURBO

アリイ 1/32 OWNERS CLUB

長い間、押入れで眠ってもらっていましたが、整理整頓の一環で引っ張り出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

アリイのこのシリーズはオート3輪とかトヨタS800とか観音ドアのクラウンとかが、人気

のようで、わざわざこのシリーズでポルシェターボを作る人はいないかも・・・・

なぜならば、もっと見映えのする立派な完成品を得られる他社製品があるからね。。。

ピカピカのボディ塗装をやってみたかったので、お手軽値段のこれと、ベレット1600GT

仕入れて、ボディパーツの光沢塗装をし、メソードを習得したつもりになって、それっきり

にしていたキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


数年を経て、塗装状況を眺めますと、ちょっとクルマにしては深みがないな・・・・ 

    っと・・・

さらに、光沢塗料を上掛けしていきましたが、乾いてみると、均一な光沢になってい

なかったり、ちょっとホコリがついたり・・・・モチロンだが、指紋をつけたり()

垂れる寸前までという光沢塗装を極めようと、ムキになってしまった///Orz 

塗料の垂れもやすって修正という、ダメ直しの連続作業・・・

ここまでやったら、ちゃんと完成させましょう・・・・と、ゆー気になって 完成させました。

しかし、デカールと組立て図が紛失していて、室内色指定が判らず、ダッシュボードの

メーター類もなしなので、色分けはテキトー・・・・シートベルトはマスキングテープ

リヤにもPORSCHEのロゴがはいるはずが、デカールがないのでそのまんまです。

ゲージタイプのロールバーを付けるようになっているのですが、フロント側が高さ不足

でみっともないので、不採用。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このサイズと当時の技術で仕方ないのかも知れませんが、透明パーツの窓という窓が

奥まっていて、実感を損ねています。  トミカ並みだよなぁ~。。。。

タイヤがタイヤハウスのなかに丁度良く収まらないので、折角付けたトライブトレーン

剥がして、位置を調整していますので、この程度で収まっています。

中身パーツとボディーパーツの間の隙間が大きく、窓越しにその隙間が見えるという

造りですので、値段も値段とはいえ、クルマ模型として、抜けてないかい??

いすゞベレット1600GTRも同様に作成中です。

このシリーズの日野コンテッサクーペは魅力的、見かけたら買っておこう。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ