2017/1/20  21:53

F-16 CaliforniaANG  飛行機模型

Lockheed/Martin F-16 Fighting Falcon

California ANG F-16C Block32 TAMIYA

機体の塗装の基本部分も終了し、垂直尾翼も黒になりました。

垂直の黒は#40で行きたかったのですが、例の地元模型店の

在庫管理のせいで、少々お高いガイヤの#221を使っています。

いわゆるジャーマングレイですがほぼ「黒」いので、黒と言えば

これを常用し、普段は#2とか#92とか、#33とかの黒は使いません

クリックすると元のサイズで表示します 

補強板は一部やり直し(黄色い部分)です。

 

そして、今日はひたすら吊るしもの()

クリックすると元のサイズで表示します 

F-16ファルコンのBlock25以降は搭載兵器の種類が飛躍的に増えてきます。

Block32ながら、すでにレーザー誘導弾の適用例があるようです。

・・・・という訳で、500£のペーブウェイUとシグネチャーポッドをはじめ、

空対空ミサイルと燃タンの塗装および、デカールが完了しました。


それらの乾燥の合間にキャノピーのスモーク塗装です。
クリックすると元のサイズで表示します 

サングラス風な、緑がかった風合いで、濃くもなく薄くもなく・・・な

カンジに仕上がりましたので、これでOKとします。



・・・これでも2度やり直しなのよね()

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ