2010/5/31  21:07

バラクーダ@のつもりw  

製作中の「バラクーダ雷撃機」 小物パーツはレジンとエッチングパーツが
少々付属しています。

レジンパーツはデティール良好なはずですが、少々型崩れの部分が
あったりして、さすが「スペシャルホビー」 
以前の72小型ヘリコプターのレジンは一つも使えず、プラ棒、プラ板で
つくり直したことがありました。

湯口の切断は、エッチングのノコギリで切断しましたが、なかなか高効率
ただ、数種類のノコギリが一面付けにエッチングされていますが、使えそうなのは
一枚のみ・・・・なんか捜さなくっちゃです。

                 切断完了・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

ネットでいくつか本キットの制作顛末が見られますが、難儀してまんな・・・
魚雷を装備している作例もありましたが、キットにゃついておらんゾな 
なんとかするようになるんだろーな・・・きっと。。。

でも実機では、魚雷を搭載すると操縦性に悪影響があったそうで、テールに
巨大なフィンを取り付けて、発射間際に切り離すとか・・・・
なんとも、あっちこっちに場当たり的としか思えない仕掛け満載です。

魚雷搭載状態の写真を貼ろうと思いましたが  見当たりません(+_+)。
0



2010/6/2  23:58

投稿者:nananiya72

シロイルカ さん  こんばんは、

たしかに、アルバコアなんてのは、ソードフィッシュよりも先にお払い箱
になってますね。 後継機のほうが先に退役なんて・・(核爆)
・・同じくスペシャルホビーから出ていますので、お一ついかがで?・・・
そういえば、72のアルバコア持ってました。
支柱は自作せよって書いてあります(爆) まさに地雷キットです。
なにか機会があったら持って行きます。。。

バラクーダのあとにもスピアフィッシュってのがあるようですが、
案外英国も馬力不足で苦戦しています。

「世界の駄ッ作機」にイギリス機が多いような気がするのは、なにも
著者のせいばかりではないように思いますね・・・
コイツら見てると(笑)

2010/6/2  22:06

投稿者:シロイルカ

ソードフィッシュ、アルバコア、バラクーダ…正常な進化とは思えないんですが…無理やりモノにしたがる辺りイギリス人は依怙地なんですねぇ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ