2016/1/24  13:08

P-38 双胴の暗殺者  飛行機模型

Lockheed P-38 Lightning

潟nセガワ 1/72



クリックすると元のサイズで表示します 

誰が言ったか知らないが、人呼んで「双胴の悪魔」

しかし、日本の戦闘機パイロットからは「ペロハチ」とか「メザシ」とか

言われてバカにされていたようですが、それも初期のハナシで、ご存知のように

太平洋戦線でのエースbPとbQはP-38パイロットです。

 

敵国の指揮官を計画的に暗殺するなどという「テロ」行為を行った

外道ですので、ワタクシからは、「双胴の暗殺者」というふたつ名を進呈しよう

 

・・・で、=☆=のマークは付けたくはない、さらに沢山の日の丸撃墜マーク

など、もってのほかなので、アメリカに奪い返してもらった植民地に

アメリカにもらった飛行機で、意気揚々と進出する
まことにいい気になっている、フランス空軍機としてみました。

 

 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

この潟nセガワのキットはケッコウなベテランになりますので、
合いが悪く、さらに凸モールドなので、修正過程で、ほとんど消えてしまいます。
そんな状態なので、井の字になってから何年もたっています(笑)

この際、面倒なので、彫起こしはほとんどやっていませんし
防眩塗装もデカールで済ましています。


スピナーの色は悩みましたが、3色塗り分けなどは考慮の外で、フレンチブルーに

しようと、塗料を漁りましたが、ピッタリしたのがないし、調色も面倒ということで
単純に赤にしました。

このスピンナ―がこの後、大変なことに(爆)

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ