2015/6/17  22:09

研究?発表?  飛行機模型

PZL W-3シリーズ

 

このヘリコプター、汎用というだけあって、民生用のバージョンもあります。

先の軍用輸送機は「ソークウ」と読む・・・と解説がありましたが、

この救難ヘリっぽいのは「アナコンダ」だそうです。


クリックすると元のサイズで表示します 

ん?・・・・NATO名か??

救難ヘリが大蛇??

雰囲気、軍用なのかもね・・・・・ 

この画像を見て思ったのですが、ホイストが左側についています。

 

 

西側のヘリはたいがい右側についています。

クリックすると元のサイズで表示します 

ヘリコプターの場合、旅客機などとちがい、機長席が右側にあり

バックミラーを覗きながら、救助のために良い位置取りをするためと思っていましたので、

ホイストが左側というのは奇異な感じがしたのですが、東側陣営というか
ロシアのヘリコプターは
機長の席が左なのだそうです。。。

昔、コレクティブスティックが側面側だと操作しずらいので、

機長席が右側になったという解説もありますが、真相は??といったところ()

 

ちなみに、旧軍の陸攻などは右側が機長や主操縦士でしたが

かならずしも、機長(指揮官)が操縦士とは限らないのが、軍隊なのでした。。

クリックすると元のサイズで表示します 

一説には、機長は偵察員という記述も見られますが、

その時々の搭乗員中最上位者ということなのでしょう





作業はしておりますが、みっともないのと、お見せするわけにはいかないアイテムの
同時進行につき、拾い物の話題でご勘弁を・・・m(_ _ )m

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ