2015/4/12  12:22

ランカスター完成  飛行機模型

Canada Rescue Unit

Avro Lancaster

 

潟nセガワ 1/72

完成しました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


機銃撤去の前後のスポンソンは穴をふさぐ指示もパーツもありません。

写真をみても良く分からないので、北極圏を飛ぶのなら

隙間風はつらかろうよ・・・とプラ板で塞ぎました。 そのブサイクさ加減が

なんともそれっぽい() 

キャノピー枠は銀色のデカールで補修してエッジをキレイにしています。

 

華奢に見えた脚柱も組めばなかなか頑丈になりました。

 

 

エンジンナセル周りには問題が集中しています
ただし、カタチに関しては不問です(だって知らないもんねww)

プロペラはナセル側にポリキャップを仕込んであるはずなのに

嵌めてみると、スッカスカ///Orz

排気管パーツもどこで固定するやら、接着面がとれない作りのようです。

排気管カバー付きがデフォルトなんでしょうか??

ランナーをみるとナンバーの彫刻がまるっきり違いますし

本体のものと精度がまるでちがいますので、明らかに手抜きをやってます。

 

潟nセガワよりも高額でエアフィックスが新作を出してくるのもうなづけますなぁ〜

 

 

Canadaの救難機というランカスター族の片隅のバージョンだから

しょうがないのか・・・・

出してくれただけでも感謝せねばならないところしょうが、

なんか納得がいかない・・・・・

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ