2014/12/7  12:40

YS-11EBを作る「第三章」  飛行機模型

第三章 バンダイのYS-11改造(機首編)

5月の展示会打ち上げ時の勢いで(またしても虎の契りww)、
自衛隊のYS-11を並べましょうと衆議一致いたしまして、

バンダイ 1/72 YS-11 海上保安庁/海上自衛隊と

North wing Model Craftのレジンパーツを使い各人1機づつ

飛行点検隊のYS-11FS、電子支援隊・実空団のYS-11EYS-11EB

3空輸団に一機だけ存在する航法、通信訓練機YS-11NT

を作ることになりました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ダートエンジン装備のYS-114機、とアリソンエンジン装備の

SuperYS-112機がそろい踏み・・・・の予定

電子戦訓練機のジャマ-YS-11EAはキット不足と人手不足、

エンジンナセルの複製困難ということで、

見送りますが、来年あたり再開改造があるかもしれません。

このNorth wing Model Craftのレジンパーツ改造キットは、

胴体上下に4個もあるアンテナドームや

APUのドデカイ張り出し、換装されたエンジンナセルはもとより、

プロペラや オリジナルのままではとても使えたものではない、

形状不良の機首部もまるごとパーツを起こしてくれております。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

しかしながら、メーカー殿のカタログからは現在消えています

この改造キットの機首はそのまま使えると思っていましたが

よくよく眺めて見ると、少々ボリューム不足で細めに

見え、フロントウィンドウの角度も立っていたり、ルーフの

角度も変だったりと、オリジナルよりはマシと見えるものの

「修正しなければだめだよね・・・」「そーだねー〜・・・」となると、

このパーツまで必要だったのか、やや疑問です。

この改修には相当量のパテと整形時間が必要で、いつぞやの

クレオスパテにするか、いつもの田宮パテにするか、迷うところですが、

今回は展示会直前と違って時間が取れますので、

クレオスのエポキシパテを再挑戦することにしました。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

最初は盛と削りを目分量で攻めていたのですが、図面からゲージを作るという、

いささかの知恵がありましてね・・・・・

そのゲージを当ててみたら見事墜落レベルでしたので、さらにパテの追加盛り。
クリックすると元のサイズで表示します

おまけに平面系が少しばかり細くあがったので、パテのTAKE3を実施

エポキシパテ・ポリパテ・溶きパテ3種盛で2週間かかりましたが

機首修正完了ですというか投了ぎみ?

結果「地」の改造パーツがほとんど露出しないというところが、

お高かったこのパーツのいささか情けないところでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

いまここ

・・・・・・・つまり何処も合っていなかった(爆)

クレームもんだよね。。。そんなこといったらキットもか・・・


クレオスのエポキシパテは公称硬化7時間と書かれていますが、

実際は2日ほど乾燥硬化にかけた方が良さそうです。(続)

2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ