2014/10/12  21:59

MIG-21の完成記念写真  飛行機模型

Trumpeter 1/32 MIG-21M

統一ドイツ空軍

 

5月の展示会当日の朝、会場で完成したため完成写真がありませんでした。

 

あれやこれやと、情景用のパーツが付属しているキットですが、そんなことを

やっていると、締切に間に合いませんから全部すっとばしました(笑)

見えなくなると知りながらも、エンジンだけは興味本位で少々いじりましたが・・・


クリックすると元のサイズで表示します 

 

展示会終了後持ち帰ってからも、色々な付属物を作って組み合わせよう

などという気は結局のところ、さっぱりおきませんで、(パーツ捨てちゃったモン)

この度、不良部分を修正して機体単体のまま完成写真の撮影です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

めったに作らないアッチ側の機体ですので、出来てしまえば目新しさも手伝って

案外満足のいく出来になりました。。

なかなかカッコいいぞ〜-t(^o^)oO

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

機首周りの分割が無理目な分割のため、閉状態にするのに苦労しました。

同時に第一風防の合わせにしわ寄せが・・・ここも確認すべきでした。

脚柱がホワイトメタル製で、ホイールハブをビスで締めるようになっています。

ビスが付いているからと言って、主脚柱側にネジヤマが切ってあるわけではありません、

なんでこんな扱いにくいパーツにしたのでしょうか?ホワイトメタルが高級とでも??

さらに、強度のためにそうしなければならないほど、機体は重くはない

ちなみにこの首脚柱で一番重量がかかる部分にはプラのパーツの継ぎ足しときている

こんな構成ならば、ホワイトメタルが重量対策とも言えないだろう

まったく余計なことをしてくれるもんだ。。。

クリックすると元のサイズで表示します 

デカールは薄いが硬くて糊もうすいため、固着させるのに苦労しました。

大きなもの目立つものは別調達のイーグルストライクデカールを使っているのできれいに

できましたが、高価なキットの割に、デカールはいささか・・いや、かなりプアーではないだろうか・・・・。


あれやこれやと盛りだくさんなキットなので、原価の配分の関係なのか

それとも純粋に印刷技術力の問題なのか??

  

 

 

後日、使い残したパーツをMIG好きに譲ろうとしましたが

「いやいやいや・・・もうMIGはおなか一杯」だそうです()
クリックすると元のサイズで表示します

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ