2013/5/12  14:14

零式艦上戦闘機52型  飛行機模型

1/48 零式艦上戦闘機52型甲

せっせとマスキング & 塗装です    細かい細かい
クリックすると元のサイズで表示します

塗装とデカールあらかた終了です。
クリックすると元のサイズで表示します

三菱製で緑の零戦で日の丸は白フチ という注文仕様ですが、これがなかなか
難しい。。。。

三菱製の画像を探し出し、尾翼の数字を採取した結果のナンバリングなんですが

800番台が正しいのか疑問 

三菱製はカウリングが青味がかっている説・・・・採用

脚収納庫は下面色という説・・・・不採用

スピナーの形状・・・・ たぶん三菱用をつけていると思う(笑)

スピナー・プロペラ色・・・・三菱重工復元機を踏襲

といったあんばいで、これからタイヤを塗りますが、ホイールの色って・・・

0



2013/5/13  22:21

投稿者:nananiya72

JackDさん こんばんは。。 たしかにトーシローにはわかんない事だらけですわ。

52型の場合、中島とはシンクロ期間が短かったとかなんとか・・・・
52型の場合、空技廠プロデュースだったとか・・・
52型の場合、22型からなんとなく移行したらしいとか・・・
ポピュラーな52型ですが、案外「謎」が多いと思います。

え!?と思ったのが、制作工数です。

ムスタングの3倍ほども工数が必要とか・・・手作り工芸品だったのですね。
手間がかかったと言うのは聞いていましたがビックリです。

もっとも、そんなにたくさんの戦闘機が必要とも思っていなかったのですね。
空母だってそんなに持ってないし。

彗星艦爆の場合、300機も作ればという思想のもとに、なんやかんやと盛りに盛ったら
ムヅカシ機体になったとか・・・

2013/5/13  9:40

投稿者:JackD

WW2機って調べるほどドツボにはまるからなあ…。「調べたけど一貫した製品がロールアウトしたという記録がない」ということでいいんじゃないでしょうか。すぐに現場でパイロット好みに手を入れられたようですし。

お手本のように綺麗にできていると思いますよ。48もいいなあ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ