2010/1/11  21:45

KV-107の計器盤  飛行機模型

シュペル・フレロンはあんな調子でも、まぁ目処がたってますので、次!
KV-107(スウェーデン)を続行であります。

中国赴任中の友人が計器盤のデカールが馴染まないと泣いてきました。
硬いアカデミーのデカールでもマークセッターのじゃぶじゃぶで、
数時間放置で馴染みましたので この方法を提案したのですが、

かの友人は計器盤パーツのモールドを擦りおろして、平らにしてから
デカール貼ったそうです。      あっそー・・・・・ 
その手があったかぁ〜!!なるほど・・・であります。

クリックすると元のサイズで表示します

本日終業の時点では、胴体貼り合わせ完了しています。
仮組みではかなり合いがよかったのですが、それでもパテは必要でした。
元々のモールドでは少し淋しいのですが・・・・またぽちぽちとヤル気もなく
森林迷彩だからいいんじゃないかなーーーと
でも、すこしはスジを追加するつもりです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ