2012/5/31  22:38

周回遅れというカテゴリー  飛行機模型

5月の展示会に間に合わせるべく、突貫工事をいたしましたが
及ばず玉砕のハセガワ 1/48 RF-4E #914 麒麟 が完成いたしました。

紆余曲折の果て、やっとこ完成です。 うすうす気づいてはいましたが、
やはり展示会前1週間では無理だわ〜・・・

やる気と必要作業量の差が大きすぎました。 

完成まで約1か月・・・・やる気を盛り下げるキット状態であることを差し引いても、
この辺が実力ということなんでしょうね。  

なかなかにザンネンなモデラーでした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

長谷川のファントムシリーズも発売以来もう30年もたつとはずで、その間数次の改修を
加えられているようですが
改良改善までは至っていないようで・・・・・なかなか名キットに育たないままだよ。

発売当初は喜んで何機も作ったものですが、手抜き欠陥のカバーをするために
インテークを仕込んだり、合いの悪いキャノピーは開状態にすべく付随する工作を
ちまちまやってみたり、エキゾーストやコクピットを高価なレジンで組んでみたりと
オプションや小改造が多くなるほど、だんだんと作るのがおっくうなアイテムに
なってしまいました。

パーツはキレイ(この辺が潟nセガワらしいやねww)なのだが、コンパチなので、
あちこち加工するし、パーツ差し替えでさらに合いが悪くなっているし、
キャノピーパーツに至っては、まったく元のまま これは、キャノピー先付製作は
必須ということなんだろうね。。。


在庫最後のファントムは、そうしてみようと思う。    


いつになるかはしらないが(笑)

長谷川キット全般に言えることですが、開閉用で別パーツになっているものは、
「開」にすべしという教訓を改めて実感いたしました。

今期、製作予定のトムキャットは全部「開」! 可変翼も前進位置!  決めたゾ!
0



2012/6/2  20:42

投稿者:nananiya72

しゃち さん こんばんは。。 制作は順調??
このファントムに関しては、ちょっと辛口キット批評で言い訳っぽいのは
反省です。。
もっと、どM的な作り方してる人がいますもんね(笑)
こんなのは、折込済みで作らなイカンというキットであることを肝に銘じて
あと2機を作りたいと思います。
ただ、どっちも空自機ではないので、デカール地獄からは逃れられる(笑)

2012/6/2  20:31

投稿者:nananiya72

JackD さん こんばんは・・・
なんか画像が満足のいく出来ではないのが、ザンネンなカンジです。
もそっといい絵が撮れそうなもんですが・・・・・
本日、再撮影してみましたが、それほどでもないような気が・・・・
なんじゃろ〜〜

ファントムの制作工程把握の甘さは、数年前の良い記憶だけで判断したのかも
知れませんね・・・・過去これほどの苦痛はなかったような。。。

・・気がするだけだったので、「すぐできる!がんばれば!」と錯覚
しちゃったようですね。

見積もりミスは命取りです。

2012/6/1  22:47

投稿者:しゃち

ロールアウト、おめでとうございます!
RFはF-4の型でも一番新しいかと思いますが、おっしゃるように加工が必要だったり、凸モールドあったりと、何とも使いまわし感を感じますが、新金型であるのに、尾翼のアンチコが合わない・・・
それでも唯一手軽に購入できるヨンパチキットなので仕方ないのでしょうか。
F-14が待機しているのですね、私ももう一度作ってみたいとは思っているのですが、先ずはでっかい可変翼機を作ってからですね。

2012/6/1  10:12

投稿者:JackD

完成、おめでとうございます!
やっぱ1/48はディテールの密度が高いですね。すばらしい!!

テンションがあがっちゃって「納期○日まで」「楽勝!」    「やっぱダメでした、しょぼーん」はだれにでもありますよね。まあ、私なんかデフォですけど。駄目じゃん。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ