2012/3/5  22:11

A400Mの小物たち  飛行機模型

3月ももう五日ですね。
花見のお誘いがかかりました・・・・・

そう・・毎年アップしている 例の「花と小父さん」イベントであります。

愕然としますな(--;)・・・・もうそんな季節かいな・・・・

A400Mは小物の制作に入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ファンブレードはどっちにしましょうか・・・・・
運転状態(上の写真)のパーツではちょっとうっとうしいかもしれませんね。。。。」

クリックすると元のサイズで表示します

これが、噂の折れやすいと言われる脚のパーツ群

見えないところで補強はしましたが、どうなるか・・・・
車軸を金属線に置き換えるのはケッコウ手間ですが、急がば回れが
あたまをよぎります(笑)

一方の48 C−130は塗装中です。
サーフェサー時点で見逃した傷を、筆の厚塗り後ヤスったりしていますので、
垂直尾翼は出遅れぎみです。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2012/3/7  23:24

投稿者:nananiya72

JackDさん こんばんは、

このあたり昨日今日は割と暖かだったのですが
明日からまた寒くなるようです。  着るものが難しい季節です。

A400Mの主脚は今まで見た事のないような仕掛けですね。
調べてみますと、エンジンも並行開発らしく、機体形状だけが平凡な
意欲作のようですが、開発経費や納期がギタギタだそうです。
昔から、未知のエンジンと心中した機体の多いことをご存知なかったか
エアバスよ・・・・

一方、同スケールの我XC−2は既存のテクノロジーで作ったはずが
米国製のリベットでケチが・・・・・
自主開発に目立った横やりが入らないと思ったら、こんなカタチで妨害
ですかい・・・・ 陰険なやつらですなぁ〜・・・・

XC−2の操縦席あたりがやけに細いのは空力考慮なのか、P−1との
共通化の影響なのか・・・・ちょっと昆虫みたいです

2012/3/6  10:26

投稿者:JackD

確かに折れそうですね。片受けだったりすると意外に小さいキットでもポキリといっちゃいますし。まあ、折れた時に考えればいいかw

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ