MSAT 幻のガイドからのメッセージ

いつも国立公園やキャンプ場など大自然の中に入り浸り。連絡を取りたくてもなかなかつかまらない。そのため「幻のガイド」というあだ名が付いてしまった、マイルストーン・アドベンツアーズ(MSAT)のオーナー・中村文明。このページでは中村の自然への思い、生活観、出会った人々との交流などをつづりました。

 

幻のガイド=たいちょー

中村文明(なかむら・ふみあき) 1962年生まれ。日本で新聞記者として勤めた後、1994年に渡米。オレゴン州の大学でジャーナリズム、ニューヨークの大学院で国際関係を修めた。 サンフランシスコやシリコンバレーで企業勤めの後、2002年にマイルストーン・アドベンツアーズを設立。ガイドとフリーランス・ジャーナリストとして、全米の国立公園巡りやメディアコーディネーターを務める。 最近では、へっぽこ隊を率いて全米各地で珍道中を繰り広げるために、「たいちょー」という敬意を欠いた、かつ親しみを込めたあだ名で呼ばれることも多々ある。カリフォルニア州在住。               mail@milestoneat.com           www.milestoneat.com           「幻のガイドからのメッセージ」

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ritokoo
こんにちは。私は北海道在住で、この連休も実家ではこの山岳事故の話題でもちきりでした。ニュース報道では、山岳関係の方々もいろいろとコメントしていましたが、この日本でツアーでのガイドを務めるのは大変だろうなという印象が強かったです。ブログ記事、なるほどと思うことが多く、とても興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。

http://ritokoo.blog64.fc2.com/
投稿者:KKMM
今回、10人死亡したから話題になっただけでしょう。
多分、過去に事故に繋がりかねない危険なツアーは、たくさんあったのだと思います。

多分、今までも天候不順でも強行して、結果として無事にルート走破できたりしていたから、今回も何とかなると踏んで強行したのだと思います。

また、過去に安全を考えて、ツアーを中止したことにより、客から文句を言われたり、会社から叱責されたということもあったと思います。

で、いつの間にか、ツアー強行が当たり前になったのではないでしょうか。

日本では死人が出て初めて問題が公になるのが当たり前です。
そして、いつの間にか忘れ去られます。
まれに、問題が解決されることがありますが、大半の問題は放置です。

中村さんの心配されるとおり、遭難や事故は再発すると思います。

投稿者:幻のガイド
みちぽんさん、メッセージどうもありがとうございました。

カリフォルニアにいると、みちぽんさんが北海道に対して抱く愛情と同じような感情を覚えます。

自然をないがしろにした態度やハイキングのときの準備の甘さ、すべてを人任せにする考えを持った人には、いつも頭を抱えてしまいます。

しかしこういったことは口で言っても分かってもらえないので、今では半ばあきらめていますが。
投稿者:みちぽん
いつも写真を拝見させて頂いて嬉しく思っています。

そう、北海道の大雪山での事故、びっくりしています。私はもっぱら車で山頂までゆくことがありますが。それだけでも、自然に対する恐れが残ります。

冬のドライブも雪が降ると生死に関わって恐いし。。 私は旭川に住んでいるので大雪山はそんなに遠い存在ではありません。 この山々は北海道の自然を守ってくれている雄雄しい山々です。 そこら辺の丘ではありません。

内地の方たちの残念な遭難の事故は本当に人災だと思います。自然に対する畏敬の念を人は忘れてはいけないと思いました。

人を寄せ付けない程の自然が北海道には残っているので。。 そこが好きなとこですが、本当に気を付けてほしいと思いました。

ガイドさんの記事を読んで、コメントしたくなったので。。 メッセージさせてもらいました。

ガイドさんも気をつけて旅して下さいね。 でわでわ〜〜。
投稿者:幻のガイド
エリカさん、コメントありがとうございます。

この問題、だんだん話が大きくなってきましたね。ツアー会社のずさんなプランニングとガイドのミスリーディング、あいた口がふさがりません。
投稿者:エリカ
とても勉強になりました◎
体力が無い私。
行きたい場所がまだまだいっぱいあるし、その為にも日頃から体力づくりしておかないと!
投稿者:幻のガイド
774さん、コメント感謝いたします。

アメリカで本格的に山歩きをし始めてから、日本でこれまで習ってきたことなどがまったく通用しないことが多々ありました。

またこちらのアウトドアに対する概念は、とても合理的で安全、効率的であることに感心させられました。

そういう思いをいつも抱いていたのですが、日本の人にそういった考えを披露する機会もなく、それだけに今回のような事故には人一倍悔しさを感じます。

私の書いた拙い文章でも、同調していただける方がいらして感謝しています。

こうなったら、カリフォルニアを舞台に日本人を対象にしたサバイバルスクールでもやろうかな、なんて。

どうかまたブログへ遊びに来てくださいね。
投稿者:774
わずかな山行経験しかありませんが、
エントリの趣旨にものすごく納得できます。
具体的で実行可能な改善案の提示にも、プロの視点を感じました。
なんでマスコミにはこういうコメントが出ないんだろ。

あと、コメ欄にあった、
『ガイドは出発すると判断したが、無謀だと思った』、
『後はガイドに聞いてください』
というくだりには私も???感を持っています。
(話が紛れてしまいますけど、
いわゆる日本の「おまかせ民主主義」とかぶるものを感じます。)

ただし、
もしかしたら取材側の誘導的なものかもと思ったりもします。
体力が落ちていれば、判断力も鈍るから簡単に誘導されそうだし。

(私が見たところマスコミには記事用テンプレートがあって、)
山岳事故がおきれば、
一般のパーティの場合は、
「登山者の判断は正しかったのか?」なんだけど、
ツアーの場合は、
「ガイドの判断は正しかったのか?ツアー会社の責任は?」
でしめくくりたいみたいだから。
これがますます「お客様」から「ガイドさん」への「おまかせ性」を助長して、
悪循環だと思うんだけど。
投稿者:幻のガイド
てんさん、コメントありがとうございます。関連ニュースをネットで読んでいて、とても残念でした。

生存者の1人は「風が強いと感じたといい、『ガイドは出発すると判断したが、無謀だと思った」』と話す。」とありました。

また「下山した女性は『とにかく寒かった』とぽつり。『後はガイドに聞いてください』と言うと無言だった。」

だったらこの人は、ガイドがなんと言おうと、山小屋に留まればよかったのに。すべてガイド任せ、ガイドの言う通りに従っていれば大丈夫というのは、参加者の判断力もちょっと甘かったのではないでしょうかね。

この手のツアーは、例えお金を払ったツアーであっても、最終的な判断は自己責任であるべきだと思います。例え引率ガイドがこうする、といっても、おかしいと思ったら議論すべきじゃないでしょうか。

お金さえ払ったんだから、責任はすべて他人が取るべき、という態度にはちょっと首を傾げたくなります。

すみません、ちょっとエキサイトしてしまいました。
投稿者:てん
登山経験なしですが、なるほどー!!と思いました。
日常的にも、理由に基づいた判断と対応ができるようになりたい!!、、、とドキドキしました〜。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ