MSAT 幻のガイドからのメッセージ

いつも国立公園やキャンプ場など大自然の中に入り浸り。連絡を取りたくてもなかなかつかまらない。そのため「幻のガイド」というあだ名が付いてしまった、マイルストーン・アドベンツアーズ(MSAT)のオーナー・中村文明。このページでは中村の自然への思い、生活観、出会った人々との交流などをつづりました。

 

幻のガイド=たいちょー

中村文明(なかむら・ふみあき) 1962年生まれ。日本で新聞記者として勤めた後、1994年に渡米。オレゴン州の大学でジャーナリズム、ニューヨークの大学院で国際関係を修めた。 サンフランシスコやシリコンバレーで企業勤めの後、2002年にマイルストーン・アドベンツアーズを設立。ガイドとフリーランス・ジャーナリストとして、全米の国立公園巡りやメディアコーディネーターを務める。 最近では、へっぽこ隊を率いて全米各地で珍道中を繰り広げるために、「たいちょー」という敬意を欠いた、かつ親しみを込めたあだ名で呼ばれることも多々ある。カリフォルニア州在住。               mail@milestoneat.com           www.milestoneat.com           「幻のガイドからのメッセージ」

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:マチャ
私はペースが遅い人です。
ツアー参加すると距離が空いてしまいます。
列の最後尾か最後から2番目程の位置になんとなく付いてます。
先日、参加したツアーでやはりペースが遅くて距離が空いちゃって、私の後ろにいた方が「(ガイドの)後についたら?」と言われました。遅いヒトはよくガイドの後ろに付くのが良いって話を何年も前から聞いたことありますが、自分自身、ガイドの直ぐ後ろに着くと自分の後ろに着いてくる方々に追い込まれるような気持ちになり、余計辛くなるので思いきってガイドさんにそのことと、距離空いても良いので最後尾で自分のペースで登らして頂きたい胸の自分の希望を伝えたら了承して頂けました。でも本当のところガイドや他の参加者さん達にどう思われたのか、わがままで悪い印象与えたのではないのか、と今も引っ掛かってます。
でもこちらの記事を読んでて、後ろでも良いんだ、という事が理解できました。遅い人に付いてく早い人は体力消耗してしまうんですね。
あと、その今までの、ガイドの後ろに着くと自分の後ろに着いてくる方々に迷惑かけちゃう、申し訳無い気持ちも正直ありました。
申し訳無いとか思わなくていいんですね。
気持ちが楽になりました。
この記事に出会えたことに感謝します。ありがとうございました。
投稿者:Hermit
facebook
「山が好き!」というコミュにアドレスを貼らしていただき、皆さんに読んでいただいてもいいでしょうか?
投稿者:Hermit
山歩きを始めて一年ちょっとの初心者です。
しかも60歳からのスタートで、大分筋力が付き
脚力も付いてきたように思いますが、快調に歩いて登りは標準より遅いのが常です。
その為、参加申し込み時点に気をつけていますが、つい早いグループに入ってしまうと、先頭のリーダーの次を歩くように指示され、後ろの行列にプレッシャーを感じながら、立ち止まることも精神的に許されないような苦しい山行を強いられていました。
単独で何度も着た山で、ここから一人で歩きたい。あるいは、元気だが一緒に歩けないので戻りたい。といっても、先頭のすぐ後ろを歩いて最後まで歩くことを強いられ、服を脱ぐことも水を飲むことも声を掛け許可が必要と言われたこともありました。
理屈はわかるもののなんだかおかしい。本当に皆さんが言うように一番いい方法なのだろうかと思い続けていました。
トレーニングして一緒に歩けるようになる・・・ということは思うように行かないので、危険を承知で単独で歩くしかないのかと思い始めていましたが、この記事で涙が出るほど、わが意を得たり。うれしく思いました。
とは言え、弱い立場で多数に意見は言えませんが、
こういうお考えがあるということがこれからも山歩きをしていく上で気持ちの支えになります。
また、キリマンジャロ登山を観光半分に参加したことがあるのですが、まさにおっしゃったように、ムリなペースを強いられるようなプレッシャーを強く感じたことはありませんでした。
体力脚力がないものも、逆算をして申告などすることで、堂々と自分のペースで歩ける計画を作りグループ分けなども考えることが一般的になるとうれしいと思います。
投稿者:わか
ブログ拝見しました。
とても、興味深い内容でした。日本での考え方とは違って、色々と考えさせられました。
来月、20人位で富士山登山を計画していますが、大人数の富士山登山で、トラブル発生時に必要な考え方をご指導願えればと思います。
どうぞよろしくお願いします。
投稿者:幻のガイド
にゃ〜リンガル?の独り言さん、コメントありがとうございました。

ブログを拝見いたしました。いろいろなジャンルにわたるお話があり、楽しく読ませていただきました。東京には昔住んでいたことがあるので、とても懐かしく感じました。

そう、登山の世界でのリーダーシップって、実業界でも生かせることが多いんですよね。しかし「先頭で皆を引っ張っていくリーダー、そして一番後ろには体力的にも技量的にも強い人がつく」のは、理想ではありますが現実にはなかなか…。

でも嘆いていても始まらないですよね。またブログ見せていただきます。
幻のガイドさんへ

はじめて訪問させていただきます。
この北海道大雪山系トムラウシ山と美瑛岳の事故の記事を読ませていただき
感じた事があります。
登山の世界でそうであるように教育や企業の世界にも当てはまるような気がします。
先頭で皆を引っ張っていくリーダー、そして一番後ろにはリーダーが安心して前に
進めるように、体力的にも技量的にも強い人がつく。そして性格で的確な判断。
力強く、信頼できるトップとセカンドはどこの世界でも必要なのかなと思います。
またブログ拝見しに参ります。

http://wbe01.blog95.fc2.com/
投稿者:幻のガイド
Capstoneさん、コメントありがとうございます。

思い違いかもしれませんが、日本でのパーティーによる山歩きは、自然を「楽しむ」というより、まだまだ軍隊式に「つらくても頑張れ」と叱咤激励して歩かせるような感じではないかと思います。

本来ハイキングは、つらいものではないはずです。自分の技量や体力に見合ったハイキングなら、身体への負担も少なく、余裕を持って自然を楽しめるはずです。

つらくても、みんなそろって同じペースで歩こう、という考えは、CapStoneさんのおっしゃる「ムラ社会の悪しき風習」の名残かもしれません。

事故や遭難の一番の原因は、自分のレベルの見極めを誤っていることではないでしょうか。ガイドに頼らなければ登れない山なら、最初から考え直した方がいいでしょう。

体力とスキルに合ったコースを自分のペースで自然を楽しみながら歩く、という新たなコンセプトを導入する時期にきているのではないでしょうか。

同時に綱渡り状態でも平気でツアーを行う会社に対しては、閉じこもってダンマリしていないで、積極的に不満や提案を述べるべきでしょうね。

最後に、ブログを拝読いたしました。故郷福井の話しが出ていて、郷愁に浸ってしまいました。ありがとうございました。
投稿者:CapStone
はじめまして。

興味深く拝読しました。「日本の常識が世界の非常識」の典型のようですね。

ムラ社会の悪しき風習を改めるのは、他でもない我々日本人しかいないはずですよね。

臭いものにフタ、閉じこもってダンマリ、置いてかれても文句言えません。

http://icap.blog5.fc2.com/
投稿者:幻のガイド
ritokooさん、コメント感謝いたします。

こういう悲惨な事故の再発防止のために、ブログが少しでもお役に立ててもらえれば幸いです。

下のコメントにも書きましたが、今後は遭難は起きるもの、避けられないものと想定した上で、そういう事態に陥っても、いかに生き延びるかについて周知徹底したほうがいいかもしれませんね。

一般論でのサバイバル法はもちろんありますが、地域によって天候や地理的条件がかなり変わってきます。

このため、観光登山者では分からない詳細情報を地元の人に提供してもらうシステムや、地域に根ざした駐在レンジャーを置いて、情報発信の拠点にしてもらう方法を構築するといいかもしれませんね。

またその地域ならではのサバイバル法があれば、例えば雪崩で生き埋めになったらどうするか、この谷では風が強すぎるので、ビバークするならこっちの谷のほうがいいとか、そういう情報が手軽にチェックできるようになるといいですね。
投稿者:幻のガイド
KKMMさん、コメント感謝いたします。

これも新型インフルエンザと同じようなものではないかな、と思っています。

というのも、従来のインフルエンザで亡くなった方の統計を取れば、きっと新型インフルエンザで亡くなった方の数を数倍上回るはずだと思います。しかしそのニュースは、話題にも上っていませんよね。

今回の遭難も「10人死亡」というインパクトが強かったから、「メキシコで死者続出」というセンセーショナルな病気として紹介された、新型インフルと同じような扱いになったのかも。

これが1、2人の被害者だけだったら「また遭難かよ」と、従来のインフルエンザのように、あまり話題にならなかったかもしれませんね。

詳しい死者数が伝えられていない従来のインフルエンザと同様、KKMMさんのおっしゃる「危険なツアー」は、かなりの数あったのではないかと思います。

ですが、話題に上らなかった小さな事故や遭難に、もっと大きな恐ろしさや回避策への重要なヒントが隠されているのでしょう。

遭難をいかに防ぐかを考えるのも大事ですが、これからは遭難は避けようがないものとして考え直した方がいいかもしれません。

その上で、そういう事態に陥ったときにどうすればサバイバルできるか、という一歩踏み込んだ次元の話ができるようになれば、例え遭難が起きても生きて戻れる方の数が増えるかもしれませんね。

改めて亡くなった方のご冥福をお祈りします。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ