MSAT 幻のガイドからのメッセージ

いつも国立公園やキャンプ場など大自然の中に入り浸り。連絡を取りたくてもなかなかつかまらない。そのため「幻のガイド」というあだ名が付いてしまった、マイルストーン・アドベンツアーズ(MSAT)のオーナー・中村文明。このページでは中村の自然への思い、生活観、出会った人々との交流などをつづりました。

 

幻のガイド=たいちょー

中村文明(なかむら・ふみあき) 1962年生まれ。日本で新聞記者として勤めた後、1994年に渡米。オレゴン州の大学でジャーナリズム、ニューヨークの大学院で国際関係を修めた。 サンフランシスコやシリコンバレーで企業勤めの後、2002年にマイルストーン・アドベンツアーズを設立。ガイドとフリーランス・ジャーナリストとして、全米の国立公園巡りやメディアコーディネーターを務める。 最近では、へっぽこ隊を率いて全米各地で珍道中を繰り広げるために、「たいちょー」という敬意を欠いた、かつ親しみを込めたあだ名で呼ばれることも多々ある。カリフォルニア州在住。               mail@milestoneat.com           www.milestoneat.com           「幻のガイドからのメッセージ」

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:幻のガイド
めぐりんさん、お久しぶり。「ワインの味が分からない」という声は他の人からもをよく聞くのですが、あんなもの僕にも分かりません。ははは。

「タンニンがどうの、酸度がこうの、糖度が高いの、土壌が品種に合っていないの」などとウンチクを垂れる人に限って、ワインを楽しむどころか難癖をつけているだけに見えます。

要は数撃ちゃ当たるで、味が分からないというのは飲む機会が少ないだけです。どんな味の分からない僕のような味オンチでも、何十種類か飲んでいるうちに自分の好きな味、好みのワインが見つかるもの。

ワイナリーめぐりでは1日15〜25種類は飲むので、たいていの人が自分の好みの味のワインを見つけることができます。

ワインは主観的なものだから、他の人がおいしいと思ったワインでも、自分の舌に合わなければそれでおしまい。

例え$5のワインでも、自分がおいしいと思ったらそれでいい、逆に$200のワインでもまずいと思ったら飲まなくていい、というだけの話です。

そういう意味で昔の(80年代終わりから90年代終わりにかけて)オーパスはおいしかったけど、今は並の赤ワインに成り下がってしまったので、オーパスへ案内していても内心つらいっす。

今のお気に入りは、トレーダー・ジョーズの$2ワイン(Two Buck Chuck)です。
投稿者:めぐりん
こんにちは〜。

ワイナリー巡り、一度ぐらいは経験してみたいです。といっても、ワインの味が分かる訳では無いのですが・・・
おいしいワインとおいしい食べ物、考えるだけで幸せかもです♪
投稿者:幻のガイド
まーちゃん

オレゴンにも実力あるワイナリーが多いですよね。数が多すぎて、選ぶのに迷うくらい。大手ですがWashingtonのColumbia Crestもなかなかいいワインを作りますよね。

Napaにはまた来週行きます。ぜひ来てくださいね。
投稿者:まーちゃん
ワイナリー巡り大好きです。
シャスタの帰りに、アシュランドとオレゴンのウィラメットバレーで4件、5件?寄りピノ、ノワールを買いました。
赤、白、ロゼ12本程買いましたが、1ヶ月で飲み干しちゃいました。

ナパにはいつか行きたいのですが、ここからはちょっと遠いのでなかなか実現できません。
行く際にはおいしいどころ教えてくださいね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ