MSAT 幻のガイドからのメッセージ

いつも国立公園やキャンプ場など大自然の中に入り浸り。連絡を取りたくてもなかなかつかまらない。そのため「幻のガイド」というあだ名が付いてしまった、マイルストーン・アドベンツアーズ(MSAT)のオーナー・中村文明。このページでは中村の自然への思い、生活観、出会った人々との交流などをつづりました。

 

幻のガイド=たいちょー

中村文明(なかむら・ふみあき) 1962年生まれ。日本で新聞記者として勤めた後、1994年に渡米。オレゴン州の大学でジャーナリズム、ニューヨークの大学院で国際関係を修めた。 サンフランシスコやシリコンバレーで企業勤めの後、2002年にマイルストーン・アドベンツアーズを設立。ガイドとフリーランス・ジャーナリストとして、全米の国立公園巡りやメディアコーディネーターを務める。 最近では、へっぽこ隊を率いて全米各地で珍道中を繰り広げるために、「たいちょー」という敬意を欠いた、かつ親しみを込めたあだ名で呼ばれることも多々ある。カリフォルニア州在住。               mail@milestoneat.com           www.milestoneat.com           「幻のガイドからのメッセージ」

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:リロ
日本の水田に泥臭さが無いとか、薬漬けで虫も住まないとか、
実際に米作りしてる人間から見れば鼻で笑う発言ですよ
本当に米所の出身なんですか?
投稿者:幻のガイド
YURIさん、

僕も近くへ行ってじっくり田んぼを見たのは今回が初めてです。なんか日本が目の前にあるようで、感動しましたねー。

そう、お米は安いっすよー。でも日系スーパーでコシヒカリとか買うと高いですけどね。うちも米食いなので、いつもCostcoで買いだめしてます。最近は餅も作りますよ。

グースやいろんな水鳥は今からいっぱい親子連れの姿が見られると思います。Wildlife Reserveとかいう保護区がいろんな所にあって、ベイエリアなんかにも各所で野鳥が見られます。

鳥は動くのが早いので、ちょっと見えても図鑑を引っ張り出しているうちにすぐいなくなくなっちゃって、結局あんまり名前覚えてません。もっと勉強しなくちゃ。
投稿者:幻のガイド
みーこさん、

へー、日本でもカモ使ってるんですね。知らなかった。シャスタへ行く途中にここを通るんですが、4〜5月はセスナが曲芸飛行のように水田からわずか10mくらいのところをふにゃふにゃ飛び回りながら種まいてるんですよ。

最初見たときには落ちてくるかと思っちゃった。ふにゃふにゃ飛行のセスナの写真を撮ろうと思ってるんですが、いつも運転中に不意に出てくるのでまだ成功してません。
投稿者:YURI
 私もアメリカの田んぼは一度見てみたかったけど…地図によるとサクラメント辺りも盆地なんですね〜夏は暑くて冬は寒いハズだわ、広大な田んぼいつか見てみたいですね
 アメリカのお米の値段の安さはビックリしますね〜一般のスーパーでの小袋はそんなでもないけどCOSTCO等の量販店では12ドルぐらいで20キロ以上入ってるの買えますよね?米食い家族だったのでとっても重宝しましたっけ(日本食品のブランド米ナントカローズってのは買った事ないけどこれも美味しかったのかな?)
 うちの近所の水田はアイガモ農法はやってないですが野生のカルガモとかよく見かけますよ〜(^_^)
今住んでいる田園地帯に引っ越してきて間もない頃は農薬空中散布ある日は前もって告知あったのですが最近は全然聞きませんが農薬やめたのかな…品種改良で苗が丈夫になったのかそれとも他に新兵器が出来たのか??

 話は飛びますが〜カリフォルニアはカナダグースや水鳥が子連れでウロウロ始める頃ですかね?
投稿者:みーこ
アメリカで田んぼは見たことありませんでした。
巨大な田んぼにヘリや小型セスナで農薬を蒔いたりしているのは想像できますが、苗で植えず種から蒔いているとは予想外でした。

そりゃそうですね。広大すぎるほどの田んぼに日本でまさに今の時期に見られるおばあちゃん、おじいちゃんが一つずつ丁寧に腰を丸めて苗を植えていこうとしたら何ヶ月かかるでしょう。

あ、でも日本でも農薬を使わないようにするためや、雑草を食べてもらうために田んぼに数羽のカモを放し飼いにしている農家もあるんですよ。
私も見た事あります。
人が近づけば逃げてしまいますが、遠くから見ていると何か食べたり、休んだりとても可愛い姿を見ることができます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ