いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2017/3/7

『脳の強化書』  

私の情報源は、主にラジオです。
FMNHK88.1とFMkokoro76.5そして毎日放送ラジオ1179

『脳の強化書』は、日曜日の「松尾堂」に著者の加藤俊徳医師が出演したことで知りました。
さっそく図書館で検索してみたら、ありました。
目次にほぼ要約してある。簡単にまとめてある。
それで、目次をコピーして、それに読みながら付け加えています。

返却期限がある本は、結構まじめに読みます。
買った本は、いつでも読めるという安心感から、積ん読になる危険がいっぱい。

医学には縁のない私ですが、
120ある脳番地。
それを大きく8つに分ける。
1.思考系脳番地
2.感情系脳番地
3.伝達系脳番地
4.理解系脳番地
5.運動系脳番地
6.聴覚系脳番地
7.視覚系脳番地
8.記憶系脳番地

歳をとると記憶系が衰えてくる。
そこで脳にある海馬を叱咤激励しても、海馬は疲れ果てるだけ。
そういう時は、思考系脳番地のトレーニングをするといい。
そうすると、それが記憶系にも連携されて、刺激を与えることになる。

これは、なんだかほっとしました。

その人の脳をみれば、性格がわかる。
というのにも驚きました。
脳番地のどこをよく使っているかは、MRIの画面を見れば一目瞭然。

自分の脳のMRIを観てみたいと思いました。

脳は使わなければ、発達しない。成長しない。

「アルジャーノンに花束を」を思い出しました。
外科系の手術をしても、頭はよくならない。

脳の不思議。。。。
ちょっと学んでみたくなりました。

ほとんどの人の、まだ使ってない脳細胞は、数え切れないほどある。

脳番地をトレーニングしてみたくありませんか。

追記
コメントを書いていて思い出しました。
脳の発達は、30歳ころが一番らしいです。
若い人たちに教えたい。

それと肯定的な生き方。
これもいい。
批判したり、悲観したりしていては、だめ。

脳の活性化は、好奇心。
いろんな刺激を与えることがいいようです。

脳に老化はない。
経験は蓄積される。
思考は、(たぶん)深まる。

ただ、歳をとると、どうして頑固になるんだろう。。。
そのあたりは、謎です。
3



2017/3/8  9:50

投稿者:モネ

なんか、聞くところによりますと、脳の成長が著しいのは、30歳ころらしい。
ああ、もっと早くに知っていれば・・・・
でも、脳が老化する、、てことはないと思います。
ただ、使わないと衰えるかも。
脳に酸素や栄養そして刺激を!!です。

物忘れは、自然。大丈夫と思いたい。

2017/3/8  9:16

投稿者:tamakiti

そうそうそうそうそうそう
↑そう多過ぎ?
なんかね?頭悪くなったって気はしないんだけどね
物忘れはいかんともしがたいです。
マグロたくさん食べてもサプリ飲んでも
効果ないわ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ