いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2016/12/3

メサイア  音楽

昨日12月2日は、音楽三昧でした。

1:15から15:00
大阪交響楽団のリハーサルを見せていただきました。
今日大阪のザ・シンフォニーホールで演奏される曲目の中から
1曲、シベリウスのヴァイオリン協奏曲。
指揮者は石川星太郎(デュッセルドルフ在住)
ヴァイオリンは、2002年パガニーニ国際音楽会で優勝したホァン・モンラ

オーケストラのメンバーも指揮者もソリストも、普段着。
楽器のケースを足元に置いている人もいます。

一度、リハーサル風景を見てみたいと思っていました。
友人のUさんが、入場整理券を申し込んでおられて、
行けなくなったからとくださったのです。


そして、6:30からは西宮の芸術文化センター大ホールで
神戸女学院大学音楽科のみなさんと、一般の方々との合同の
「メサイア」。
教会のHさんがソプラノで歌うので、チケットをいただきました。
なんと、最前列の席17番、友人のUさんは18番。
指揮者の真後ろでした。
ソリスト4人は、私の目の前、1メートルも離れていないところで歌ってくださいました。
小さな息遣いまでも聞こえる場所。

いつもCDで聴いているその音が、生ですぐ目の前から聴こえてきたときは
そくっとしました。
鳥肌が立ちました。

女学院の学生さんたち以外の一般の年配の方々は、
かつて「メサイア」を歌ったことのある方々とか。

オーケストラとチェンバロ、オルガンもありました。
最後のトランペットが女性だったのには驚きました。

そして舞台の上の方に、歌詞が映し出されるのです。
英語で歌っておられるその意味が、同時にわかるというのは、
とても素敵なことでした。

最後のほうのソプラノのアリア「私は知っている」は、大好きな曲ですが、
その歌詞が、ヨブ記19:25・26からのものであることを知りました。
まさにイエスキリストの再臨を歌っています。

キリストの誕生から受難(十字架)、復活、再臨。
これはこの時期にキリスト者が聞くべき曲であると
つくづく思いました。

圧巻のメサイア。
仲間の死という悲しいことがあったこの1年でしたが、
大きな慰めと励ましをいただきました。

ありがとうございます。

主を讃美し感謝します。

***
歌詞がすべて聖書からとられていることは知っていました。
ネットで歌詞の対訳版を検索・印刷しました。
その言葉をかみしめる今年のメサイアです。
1



2016/12/5  10:05

投稿者:モネ

はい、リハーサル、とても興味深いものでありましたよ。
指揮者と第1バイオリンの人。ソリストの人。
楽譜にメモ書きする楽団員。
ドラマのメイキングをみるようでした。

2016/12/5  9:34

投稿者:tamakiti

おおお〜
クラシック三昧の一日でしたね♪
え〜リハーサルも見れるの?いいな〜


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ