いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2016/9/30

『苦海浄土』 その2  いのち

100分de名著の「苦海浄土」の2回目、3回目、4回目を見ました。

そこに書かれていることばに、胸を突かれ
涙がでました

詩を書くように書いた
という石牟礼道子さん
その文章には、魂をつかむ力がある
それはなぜか。

目に見えないものを見ているから
深い真実を感じているから
命にふれているから

ひとりで立つことの強さ。
個で立ち向かうときに宿る力

しゃべることができなくなった患者さんの
その沈黙は、魂を掘る深い祈り

相手の痛み、苦しみを感じることができて
はじめて文字にすることができる

苦海浄土を書くことは、
「荘厳(しょうごん)されているような気持ちでございました」
深い祈り、海の底にある光に照らされて、支えられ

病をも「のさり」(天からの授かりもの・恵み)という人は
病を得なければ見えないものがあったという
その人は、すべてを許すという
自分を差別する人をさえも
「許さんと自分がきつか」

労働・仕事は我々を労(いた)わるもの
自分の心をきれいにしていくもの
そのことを忘れてしまった人たち

***
たくさんの問いを投げかけられました。

近代への呪術師になるという石牟礼道子さん
「本当の詩は天をも動かす」
人を、患者さんを番号で呼ぶ
アウシュビッツでもみなマイナンバーが与えられ
番号で呼ばれていた

田中正造が訴えた足尾銅山鉱毒事件
石牟礼道子が書いたチッソ公害水俣病
まだ書かれていないフクシマ原子力発電所

人間は、文明を築き上げる
人間は、自然を破壊する
人間は、自滅する のか

国が、命の尊厳を大事に思わないとき
お金さえあればいいと思うとき
崩壊が始まる

プラスチックではなく木の舟で
ひとりでチッソ工場の門の前に座った人がいる
文明の恩恵を受けているすべての人とチッソ

なにを大事にして生きていくのか
大きな問いを投げかけられた
1



2016/10/1  18:34

投稿者:モネ

秋だからでしょうかねえ、怒涛の更新、、、
いつまで続くかは、わかりません。
223よりは、早いかも。
あちらは、100コメ過ぎないと更新しないことに
しているのかもしれません。

2016/10/1  8:54

投稿者:tamakiti

おおお
珍しく怒涛の更新ですね〜
やっぱあれっすか?読書の秋かしらん?
こないだ、市役所の支所の図書館行ったら
窓が開いてて2階から演歌のカラオケが聴こえてきました。
そりゃね〜だろ?ちゅーの。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ