いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2015/5/26

しあわせな最期の日々  光り

あのようなしあわせな最期を送りたい。
そう思うT子さんの最期の日々。

5月24日(日)に、神戸教会でT子さんの告別式がありました。
控えめで人の悪口は言わない。
その人が、昨年の10月に癌だと分かったとき、
人々は、その人がいかにかけがえのない人であったか気がついた。

89歳という高齢なので、ご家族で話し合って、抗がん剤治療はしないことになった。
沖縄にいる娘さんは、要職にあるご主人を置いて、実家へ看護に来た。
なかなか出来ない選択である。
しかも娘さんは看護師。

「孫やたくさんの人が会いに駆けつけてくれる。
こんなしあわせなことはありません。」とT子さんは感謝の日々。
痛みは抑えられていたようですが、体調の悪い日もあった。

7か月自宅で夫と娘に見守られて闘病生活をされた。
娘を「おかあちゃま」と呼んで甘えておられたという。
いよいよ具合が悪くなり救急車で決めてあった神戸有野台のホスピスへ。
救急車に歩いて乗られて、救急隊員から「ご本人ですか」と聞かれたという。
救急車の中でも、隊員に「お名前はとか、結婚しているの」などと話されて
降りるときには、「楽しかったわ」と言われたとか。

ホスピスの主治医には、「先生、お待たせしました」と。

娘さんは、これから本当に看護の日々が始まると思われたそうですが、
10日ほどのホスピスでの入院生活も、お元気に過ごされ、
海外出張から帰ってきたTさんと奥さんがお見舞いに駆けつけたときには、
おしゃべりが出来てお元気そうだったとか。
しかし翌日面会謝絶に。
そして21日の朝、静かに息を引き取られたそうです。

癌の宣告を受けて、なお、このような穏やかで感謝の日々を過ごす・・・
これは私の憧れであります。

死期を悟ってなお平安であること。
それは信仰者に与えられたお恵み。

イエス・キリストが再臨なさるときに、再会できるという希望を持って
眠りにつかれたT子さん。

教会の人には、「私をおばあさんとは呼ばないで、おかあさんと呼んで」と言われていた。
神戸教会の人たちは、教会のおかあさんを亡くして、悲しみの涙を流しておられた。

目立たない、控えめだけれど、凛としている芯の強さ。
神様への信仰・信頼を、声高に言いうのではなく、
その静かな生活が、香り高くある。
崇高な生き方とは、そういうもの。

「あなたのこと、覚えていますよ」と声をかけてくださったことを思いだす。
夫を支え、3人の子供を育てたおかあさん。
普通の女性。
けれど、こんなにも強くその生きる姿勢が迫ってくる。

私もこのようなしあわせな最期の日々を過ごせたらと祈る。
人を非難しないで、笑顔で1日、1日を送ったら、
そういう最期が来ると信じて。


クリックすると元のサイズで表示します


白いつる薔薇
        写真/@Lapie fr
0



2015/5/27  20:33

投稿者:モネ

はじめて聞いた曲です。
そしてこのおじさんの名前もはじめて知りました。
私はあまり歌謡曲のテレビ番組とか見ないので、
今の時代には遅れています。
この歌が古いのか新しいのかも、分かりません。

今日、夕方ラジオで、嘉門達夫がゲスト出来て、
世相を入れた面白い歌をたくさん歌っていました。
らぴさんは、ご存じですかな。

2015/5/27  20:22

投稿者:らぴ


https://www.youtube.com/watch?v=yMvpUDVzWww

日本から離れると日本の歌謡曲が恋いしくなります。
こんな人もいるんですね。
なかなか、いなって思ったので ↑ を♡
You Tube で見つけました。
今は、もう、古い? かにゃ?


http://ameblo.jp/lapie-chie/

2015/5/27  9:31

投稿者:モネ

このところ、追悼ブログが多いなと自分でも思います。
ただ、死を見据えることは、今をよく生きることにつながるとも思います。
らぴさん、いつも美しいお写真を快く貸してくださって
本当にありがとうございます。
22さんのように特殊加工!?はようしませんが。。。

2015/5/26  20:19

投稿者:らぴ

お役にたってよかったです^^

http://ameblo.jp/lapie-chie/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ