いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2015/5/19

詩人 長田弘  

詩人 長田弘(おさだひろし)さんをご存じでしょうか。
この5月3日に75歳で亡くなりました。
天声人語でも追悼していたので、お読みになった方もあることでしょう。

私はずいぶん前に友人からこの詩人のことをお聞きしていました。
NHKの視点・論点で偶然お姿を見たこともありました。
しかし熱心に長田弘さんの詩を読んでいたわけではありません。

絵本で見た記憶もあり、なんとなく名前は知っていた。
その程度でした。
4月25日に長田弘全集が出たことに気が付いていたところ、訃報が。

早速検索してみると、
「詩ふたつ」というクリムトの絵と合わせた詩集があることに気が付きました。
図書館にも、たくさんの本が所蔵されていました。
早速4冊ほど予約。

『詩ふたつ』は、
「花を持って、会いにゆく」と「人生は森のなかの一日」
クリムトの花と樹が詩と調和して美しく、心がほぐされます。
2009年に亡くなった妻、瑞枝さんへの追悼詩。

***
 どこにもいない人に会いにゆく。
 きれいな水と、
 きれいな花を、手に持って。


 ことばって、なんだと思う?
 けっしてことばにできない思いが、
 ここにあると指すのが、ことばだ。

    「花を持って、会いにゆく」より
****
 やがて、とある日。
 黙って森を出てゆくもののように、
 わたしたちは逝くだろう。

 わたしたちが死んで、
 わたしたちの森の木が
 天を突くほど、大きくなったら、
 大きくなった木の下で会おう。
 わたしは新鮮な苺をもってゆく。
 きみは悲しみをもたずにきてくれ。

 そのとき、ふりかえって
 人生は森のなかの一日のようだったと
 言えたら、わたしはうれしい。

    「人生は森のなかの一日」より
*****
一部抜粋させていただきました。

瑞枝さんが亡くなって1年後に出版された詩。
6年後に長田弘さんも亡くなって、
きっとふたりは新鮮な苺を前に、悲しみのないところで
語り合っておられる。。。
そのように想像すると、涙が出そうになります。

きれいな水と、きれいな花をもって
わたしたちは、もうどこにもいなくなった人に
心の中で会って、お話をする。

奇しくも、昨年4月末に奥様をなくされた牧師のE先生が、
ちょうど1年後に妻を追悼する本を出版された。
病を得て17年間、ともに信仰を持って闘ってこられた日々の記録。
同じ病をもっている人への、励ましになればと日記をつけて準備してこられた本。
まだ途中までしか読んでいないのですが、
ふたりの男性が、妻を悼む思いを本になさったこと。

わたしの中で、いろんな思いがめぐります。


クリックすると元のサイズで表示します

  写真/@Lapie fr

らぴさん、クリムトの絵のようです。
いつも素敵なお写真をありがとうございます。
0



2015/5/22  20:20

投稿者:モネ

らぴさんは早くにお母さんを亡くされたのですね。
厳しい経験でした。
お父さんもどんなにお寂しかったことでしょう。
伴侶を喪う・・・辛いことです。


2015/5/22  16:22

投稿者:らぴ

コメントし辛くて…
いえ、
母が19の時に亡くなって父は、ずっと独りでした
きっと、寂しかったと思う
なのでね。



http://ameblo.jp/lapie-chie/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ