いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2007/10/31

若くてかわいい女の牧師さん  

私の母がお世話になっているグループホームへ、若くてかわいい女の牧師さんが、昨日デビューしてくださった。前任の熱血好漢牧師からの、引き継ぎです。

   お話しは「百匹の羊」

あるところに、100匹の羊の飼っている羊飼いがいました。ところがある日、そのなかの好奇心いっぱいの小さな羊がいなくなりました。羊飼いは99匹の羊たちは野原に残して、その1匹を探しに出かけました。99匹の羊たちは、囲いに入れなくても、ちゃんとお留守番ができると、羊飼いは思ったのでしょう。
大きな声でその羊の名を呼びながら、羊飼いは探し回りました。そして、とうとう崖の中程で身動きができないで、鳴いている小さな羊を見つけました。羊飼いはとっても喜んで、叱ったりしないで、羊を肩に負って帰りました。小さい羊は、鳴き疲れたのか、羊飼いに守られて、その背中で、すやすや眠ってしまいました。(おしまい)



羊というのは、野生はいないそうです。太古から人間に世話をしてもらって、そのお礼に暖かい羊毛や皮で、人を包みました。羊は転んだら、ひとりでは起きあがれないと聞いたことがあります。人の赤ちゃんと同じように、世話をしてもらわないと生きられない動物でした。

エバが、「取って食べるな」という神様の言いつけに逆らって食べ、驚きつつアダムもその善悪を知る樹から取って食べたあと、エデンの園から二人が追放されるとき、神様が作ってくださったのは、羊の毛衣であったと思います。その時初めて動物の血が流されました。二人の愕きと、哀しみはどんなに深かったことでしょう。


羊というと、村上春樹の小説に出てくる、羊男を思い出し、いかんいかん、不謹慎だ、、と思いながら、見つけられた小羊のことを考えました。
でもクリスマスが近くなると、なぜか羊男はどうしているだろう、と思うのです。どなたか、ご存じですか。
0



2007/11/1  9:05

投稿者:モネ

ギネスというと、ギネスブックを連想しますが、羊男は彼らしく、ギネスに挑戦していることでしょう。。十二滝では、あの「鼠」も一緒にギネスを飲んでいるでしょう。

2007/10/31  23:39

投稿者:玄柊

羊男は、ビールよりはブランデーが好きですが(村上春樹「羊をめぐる冒険」p.364)、クリスマスだけはギネスを飲んでいます。

2007/10/31  22:15

投稿者:モネ

羊男の居所を教えてくださって、ありがとうございます。山小屋には暖炉の火が暖かく燃えていることでしょう。羊男はお酒は弱いはずではないですか。でもギネスは別かも。エンヤ癒されます。

2007/10/31  22:04

投稿者:玄柊

かわいい子羊ですね。羊はなるほど、野生はいません。
羊男は、クリスマスが近くなると、雪降る十二滝町の牧場の山小屋でギネス(黒ビール)を飲みながら、エンヤの「きよしこの夜」を聴いています。この答えは、「短編と音楽のコラボレーション」から来ています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ