いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2014/3/20

送別会  

毎年、3月は別れの時を迎えます。

今年は、教会の大きな柱を失うことになりました。
信徒伝道師として2年間ご奉仕してくださったA先生ご夫妻と、奥様のお母様96歳。
横浜のお家へお帰りになります。
関学の学生で4月から札幌の小学校へ赴任するW君。
そして関学の神学部大学院生のN君は、他の教会員ですが、よく土曜日にうちの教会に出席してくれていました。彼は4月から東京渋谷の教会で伝道師としてご奉仕。いずれは牧師です。

教会員みんなが、お別れの言葉を言いました。
A先生の謙遜で柔和なお人柄から、献身なさったご奉仕から、多くのことを学ばせていただきました。
綺麗好きの奥様が来られてから、教会の台所はピカピカになりました。
文句を言わないで、たくさんの教会の仕事を引き受けてくれたW君は、きっといい先生になられることでしょう。
いつも笑顔のN君も、教会のみなさんから好意をもたれることでしょう。

「前のところは良かった。というのは、現在のところで全力を出していない証拠。
過去を懐かしむのではなく、前を向いて生きるように、卒業式でいつも生徒たちに話しました。」とおっしゃるA先生は、元教師。中学の校長先生でした。

私たちも、前は良かった。と今を嘆くのではなく、いまここで出来る事は何かを探りつつ、
みんなで力を合わせて進んでいきたいと思いました。

イエスさまは、いつも共にいてくださるのだから
恐れることはない・・・・と自分に言い聞かせながら。



クリックすると元のサイズで表示します

アストロメリアの花。
うちにもYさんからいただいた鉢があります。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ