いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2013/8/26

「俳句と絵本」 朗読と鼎談  言葉

8月25日日曜日 14:00〜17:00 伊丹市立図書館「ことば蔵」多目的室
「俳句と絵本」 朗読と鼎談に行ってきました。

鼎談
絵本作家 田島征彦
柿衛文庫也雲軒塾頭 坪内稔典
安曇野ちひろ美術館元館長 松本猛

朗読
田島征彦
朗読サークル「ひだまりの会」北村妙子

田島さんの『地獄のそうべい』はとても子供たちに人気のある絵本です。
それを作者自身の朗読でお聞きすることが出来たのは、思いがけない喜びでした。
それは予定にはなかったことで、隣に座っていた松本猛さんがマイクを持ってあげていました。

そのような気さくな雰囲気の中で始まった鼎談。
3人とも少しの気負いもなく、自然体。

たくさんのことを教えていただき、何を書こうかと迷うほどです。

一番は、三人が共通して語られた、「人智を超えた力に、支えられている」という言葉。
型染めで絵本を作られる田島さんの最初の絵本は『祇園祭り』。
そこにもー自分の思いをはるかにこえた世界、作る人の力を越えた何かーが出てくるという。

陶芸で窯から出した時、予測をはるかに超えた作品が出てくるのと同じように、
絵本と物語の「せめぎ合いの面白さ」ということを松本さんは語られた。

何度も書いていると自然に動き出してくるものがある。

「俳句も、ふっと湧いて出てくるもの。作者も意味が分からないようなものでも、その音律が聞く人の心に響いて共感を得る」
「そこに至るまでの努力はあるのだが」と坪内さんも語られる。

   三月の 甘納豆の うふふふふ
   たんぽぽの ぽぽのあたりが 火事ですよ

これなどは子供もとても喜んで、聞いたら覚えて口ずさむという。


「あなたは芸術家ですか」という坪内さんの問いに田島さんは、
「自分は、芸術家であるとかを通り過ぎている。あるがまま」
「芸術とは、それを見る人に勇気と元気を与えるものではなか」と語られた。


「言葉は道具だけど、どう伝わっていくかが大事。」
「伝わったものが、広がる」

「東洋の絵の余白、たとえば雪舟の水墨画の軸、茫洋と広がっている。
その余白の向こうには何があるか」という松本さんの言葉に
坪内さんは「余白は読者が引き受けてくれるもの」と言う。

絵と言葉を考えると、俳画はまさにそれが融合されている。
蕪村の「岩倉の狂女恋せよほととぎす」という句には、
右上にほととぎす、左下に紫陽花の花がある。
そのずれることで大きく広がる世界を描いていると松本さん。


鼎談、しかもこのように自由に自然に広がっていく会話の妙、、、、
何とか、俳句と絵本を結び付けなければ、、という気遣いの松本さんには、
『ちひろと一茶』という著書があることを知った。
黒姫に制作をするための別荘を建てたのは、一茶の故郷に住みたかったからと、母ちひろは語った。
そのような息子さんならではの言葉が、ぽろぽろとこぼれる。



田島さんは、俳句とは縁がないように見えて、実は来春、京都で
「染めと俳句」という展覧会に出品なさるという。
「今日は大変勉強になりました」と笑う。
主催者が来ていらして宣伝をなさった。京都に西陣の染物の会館があるそうです。
また会場に来ていらした田島さんの奥様は俳句をなさるそうで、一番最初に作ったという句を披露された。


何が起こるか分からないことを楽しむ句会を「取り合わせ」といいます、と坪内さんが最初におっしゃいましたが
今日はその通りに、自由自在に流れる会話。とても面白かったです。

三人が旧知の間柄だというのも、和気藹々の雰囲気が出たのかもしれません。

松本さんから、八島太郎の名前が出たのには驚きました。友人である小林多喜二の死に顔をスケッチした人。
東山魁夷は敬遠していたのだけれど、八嶋太郎と魁夷と田中一村が同級生であることを知り、
この3人の人生を、今の時代と重ねて小説に書いてみたいとおっしゃっていました。
来春BSフジでそのための取材をした番組が放送されるようです。

最後に会場からの質問をどうぞ、という時間がありました。
一人の女性が「地獄のそうべい」の「人飲鬼」(じんどんき)は、どのようにして生まれたか・・・と問う。

田島さんは、桂米朝の「地獄八景亡者識」という落語を、テープにとって何度も何度もテープが擦り切れるくらいに聞いたそうです。聞いているうちに絵が現われてきた。
糞尿地獄は、まさに丹波で自給自足をしているとき、そこにいましたから・・・とか。

4年も構想を練っているという、絵本の製作途中の小さいノート(カレンダーを張り合わせたもの)を鞄から取り出して見せてくださった。
自由人の魅力がいっぱい。


右側の前から3番目の端っこに座っていた私は、出演者の人たちの真後ろに座ることになりました。
お昼を食べていないという坪内さんが、クリームパンを休憩に入ったときかじっているのを、目の前で見ました。

終わって、私のすぐ横を通ってお帰りになる坪内さんに「いい企画をありがとうございました」と声をかけてしまいました。
松本さんには、「横顔を拝見していると、ちひろの絵本を見ているようでした」と感想を言ってしまいました。
「モデルだったからね」と坪内さんも笑う。
「安曇野にも行きました」というと松本さんは嬉しそうでした。


定員120名の小さな多目的室での鼎談は、とても素敵な時を過ごさせていただきました。

北村さんの朗読は漱石の「夢十夜」の「第一夜」でした。
一所懸命心を込めて朗読してくださいましたが、
ちょっと間の取り方が短くて、こちらが情景を描くことが難しかったです。
朗読も極めようとすると、奥が深いです。


田島さんは、「みみずのかんたろう」を自分で作ったスライドを持参してくださって
朗読してくださいました。73歳、淡路在住、お元気でした。


伊丹市立図書館「ことば蔵」が協賛して、「船団俳句フォーラム」第1回として開催してくださったこの企画、本当にありがたく感謝しています。
伊丹にあって、このような方々のお声をじかに聞くことができてうれしかったです。


クリックすると元のサイズで表示します

「じごくのそうべえ」(童心社絵本) 田島征彦
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ