いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2013/8/11

癒しの休日  音楽

8/11日曜日は、癒しの休日でした。

午後からチェロアンサンブルのコンサートがあることを教えてくださったのは、
朗読の仲間で音楽の好きなUさん。
入場無料なので、行くかどうかは当日決定できる。
余りにも暑いので、バスで行くのはきついからやめようか、、、と思っていたら、
車を使えることになり、やっぱり行こうと思いました。家にいても暑いだけだし。。

というわけで1時30分開場の15分くらい前にアイホニックホールへ到着。
5,6人が並んでいましたが、どの席でも構わないと思って並ばないで、玄関ホールにある椅子の1つだけ空いていたところへ坐りました。

すると右隣の白い着物を着た婦人が私に声を掛けてこられました。
「あなた、足が痛いのでしょう」といいながら、自分の鞄をごそごそ、、、
そして何やら絵の描いてある紙を出して、「ここを押さえるといい」と言いながら、
私の手の全部の指の第二関節を、爪を立ててぎゅーぎゅー押し始めました。
私は、「痛い、痛い」と小さな悲鳴をあげましたが、一向に構わず足の太もももきつく押してくれます。痛くて、くすぐったい。
「背中もするといいのよ、何か棒のような物持っていない?」
「持っていません」と私。
するとまた婦人は自分の鞄をごそごそして、ボールペンを取り出し、「あっちの壁のところへ行きましょう」と言う。
私は困って、左隣の別の婦人と顔を見合わせる。
しかし強引に手を引かれて、壁際に立たされて、白い和服の婦人に背中をきつく押される。
もう痛くて、痛くて、まるで折檻されているようでした。
わたしが痛い、痛いと言っても構わずにぐいぐいボールペンで押してくる。

頭の先から、首、背中、足の先まで、婦人はここも、あそこも、と思いっきり押してくださる。
「さあ、歩いてごらんなさい、すっきりしたでしょう。」と言う。
私は向こうの壁まで歩いてみて「何だか軽くなったような気がします」と言う。
私は素直に従ったというか、婦人の勢いに飲まれてしまっていました。

「あなた、目も悪いでしょう。目はすべてを取り込んで”光合成”させるから、大事なのよ」と言ってまた、頭や首、リンパの辺りをぎゅーぎゅーと押す。
「もう会うこともないでしょうから、この通りに自分でもしてください」と、2枚の手書きの図を書いた紙をくださる。

「これは何と言うものですか、指圧ですか?」と聞いても答えてくれない。

確かに全身をギューギューと押していただいたので、血の巡りがよくなったような気がしました。
そうこうしているうちに、開場されて、みんながプログラムをもらって、ぞろぞろと階段を上り始めました。

ほとんどが、出演者の家族や友人知人たちのようでした。
私は1階の後ろ席より、2階の袖のほうがいいと思いエレベーターで3階へ。

そこには父と娘の親子と、一人のおじいさんと私の4人だけでした。

チェロの定期演奏会といっても、まだ2回目。
要するにチェロの愛好家たちが集って発表会をする、、というようなものでした。
30人ぐらいいて、7,8人は男性、あとは女性。しかし年齢はばらばらで、白髪の人、髪の毛の薄くなった人もいれば、若い人もいました。

30人が音を合わせるのが、いかに難しいかを思いました。

弦楽器ではチェロが一番好きです。
チェロの独奏や、オーケストラとの協奏曲は聞いたことがありますが、
このような大人数のチェロは初めてでした。
ゆるやかな弦の動きが気持ちよく、快適な気温、周りにほとんど人がいない、、という状況で、私はうつらうつらしながら聞いていました。
大好きな音色のチェロですが、今から習おうとは思いません。
でもちょっとだけ触ってみたいな、と思いました。

最後は、若いソプラノの女性との共演でした。
「ヴィラロボス作曲のブラジル風バッハ第5楽章よりアリア」。
よく聞く曲ですが、タイミングを合わせるのが難しそうでした。

日曜日の午後のひととき、生演奏を聞きながら眠るという贅沢な2時間、
まさに癒しの休日でした。
しかも指圧のサービス付き。

あの真っ白な和服を着た婦人は、癒しの天使だったのかもしれない・・・
そんな気がしました。



クリックすると元のサイズで表示します

西宮市 北山植物園
0



2013/8/18  1:37

投稿者:モネ

いちわのすずめさん
「新名先生のセミナー」にジミーさんご夫妻がいらしてくださったのですね。
柔軟な姿勢は、見習いたいものです。
こうしてつながりが深まっていくのは、素敵ですね。

17日夕方から神戸有野台教会で、青年たち主催の「讃美フェスタ」がありました。
近隣の、また遠方からの友人、知人と会うことができて、楽しかったです。共に主を讃美しました。

2013/8/17  17:18

投稿者:いちわのすずめ

モネさん
ジミーさんのブログ、早速、見てくださってありがとう。
写真がお上手ですよね。

先週の新名先生のセミナーにご案内してありましたら、奥様とご一緒においでくださいました。

お礼状と礼拝説教とセミナーのレジュメを送ってありましたら、
今日、教会から帰ってきたら、お葉書が届いていました。

信仰の交わりが広がり深まっていくのは感謝ですね。

2013/8/16  22:58

投稿者:モネ

「ジミーの自然ブログ」見ました。
写真がたくさんで、「よさこい」の迫力満点でした。
暑い夏を熱く!!ですね。

花の写真も綺麗でした。
すずめさんのアシュラム仲間・・
広がっていきますね。

2013/8/16  8:43

投稿者:いちわのすずめ

癒しの天使!
素晴らしいことでしたね。

ところで、「ジミーの自然ブログ」を検索してみてください。
アシュラムで知り合った方のブログです。

今は、よさこい祭りの素晴らしい写真がアップされています。

私は、見に出て行かなかったのですが、こんなに素晴らしかったのだと教えられました。
Iターンの昭和18年生まれの男性です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ