いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2012/10/26

秋の薔薇  

しっとりとした秋の薔薇を楽しみました。

バラ公園の近くに住んでいても、毎年春と秋の公園の薔薇を見ることができるとは限りません。
薔薇街道と私が名づけたバス道を通りながら、薔薇の状態を観察していますが、時間をとってバラ公園でゆっくり時を過ごせる年ばかりではありません。

今年は、86歳のお友達Tさんをバラ公園へご案内することができて、
薔薇に囲まれてお話をする素敵な時間を過ごすことができました。
Tさんもとても喜んでくださって、「なんだか別世界へ来たような、気持ちがすーっとします。」とおっしゃってくださった。

Tさんは、いつも着物を着こなしておられます。板についたといいますか、着物を着ていることが日常になっている人の余裕というか、華美ではなく上品に装っておられます。

父が生きていたら同じ年齢。
両親と過ごすことはできなくなってしまった今、こうして高齢のお元気な方とのお交わりは、満たされます。
短歌をなさっていたからか、その感性も豊かです。

偶然ですが、私と同じ昨年末に弟さんを亡くされました。
神戸アドベンチスト病院で、父のお見舞いに来た弟を、Tさんは見てくださっていて、弟のことを知っておられたので、その早かった死を悼んでくださいました。

陶芸の河井寛次郎のこと、作家の田辺聖子、宮本輝、岡部伊都子のことなど、話題が通じて会話が弾みました。

「弟を亡くして、ゆっくり雲を見る時間もありませんでした。」とおっしゃる言葉に、
同類だと嬉しくなりました。
夏の力強い雲が、柔らかな秋の雲に変わってゆく様子に心を留める人。

「花との出会いも、時がありますから。今日は本当にいい時間を過ごさせていただいて嬉しかった」と言ってくださる。

もし、ご一緒しなかったら、私もこうして秋の薔薇に包まれる時間はなかったかもしれません。

お昼はお豆腐料理を、京都嵐山が本店とかいうお店でいただきました。
高級料亭ではありませんが、おいしかったです。
そのお店でも時間を忘れて話し込みました。


秋のいい日、いただいた赤いや黄色の薔薇が部屋を華やかにしてくれています。




クリックすると元のサイズで表示します


2012年の黄色い薔薇

Tさんは、黄色い薔薇が好きだとおっしゃっていました。
私も黄色い薔薇は、灯をつけたように明るいので好きです。
家には白い薔薇を植えていますが、赤い薔薇も素敵です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ