いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2011/6/27

JINー仁 時空を越えて  ドラマ

多くの人々から支持されたドラマ JINー仁 最終回も見ごたえがありました。

江戸と現代 医学知識と歴史の事実

果たしてどのような結末が用意されているか、、興味津々だった人々・・私もそのひとりでした。

橘 咲さんの150年の時を経た恋文に涙する南方 仁。

これまでの知られている歴史の事実と、伝えられなかった出来事。
そこに想像の翼をはためかせて飛翔することは、誰にでも許されていること。

原作のコミックは読んでいないので、分からないのですが、
龍馬の船中八策が、ひとつ増えて九になっている。
しかも保険のこと。スポンサーにニッセイが入っていることと
関係があるのか、ないのか。
もしスポンサーを意識してなら、ちょっと嫌です。

あるいは、あえてニッセイにスポンサーになってもらったのか。

まあ、そのような些細なことは置いといて、
このドラマに聖書の言葉が出てくるのは、とても気になりました。

「神は耐えられない試練は与えられない」
「目には見えないけれど、聞こえないけれど、いつも共にいる」

咲と仁が見る夕陽の美しさ。

江戸、平成、その時代で光を輝かすものとなる。

2011年に生きる私たち。
20世紀から21世紀に移る「世紀末」を体験した。
1999年、ノストラダムスの大予言が実現しなかったことを知った私たち。
コンピューターがミレニアムに不具合を生じるかもしれないと危機管理室ができたり。

インカ帝国の遺跡やナスカの地上絵、エジプトのピラミッドの謎・・・

今より高度な文明が過去にあり、滅んだらしいという推測を証明できなくても、
否定することもできない。

古代の人は何を伝えようとしたのだろう。


医学の進歩は、目を見張るばかりで、江戸に現代の医学を持ち込むという設定は
とても興味深い。
ペニシリン・・・土着の医療として日本にあったという設定。

現代に帰ってきた仁が、図書館で調べたら仁友堂とその風変わりな医師たちが事実として記載されている。
物語を創造するというのは、想像力の翼を広げ、自由に空を飛ぶこと。。

与えられているその場で、全力を尽くすこと。
人の命を大切にする本当の医術のあり方。

毎週、励まされることが多かったです。


想いは時空を超えて届く・・・永遠の浪漫・・・



クリックすると元のサイズで表示します

遠い記憶

クリックすると元のサイズで表示します


風の翼



northland-art-studioさんからお借りしました。

時を切り取って残すことができる写真の妙を感じます。
いつも快くお写真を貸してくださって、
ありがとうございます。

1



2011/6/28  20:56

投稿者:モネ

poyoさん
きっかけは遊郭の・・・というのは、私もウィキペヂアで読んでいました

安寿という赤ちゃんも、テレビでは女の子ですが、原作は男の子だとか。
医学・医療技術などの専門的なこともよく調べてあります。
今日、第1部の最初のDVDを探しにいったのですが、見つかりませんでし
た。youtubeにはないでしょうか。。。
第2部はちゃんと最初から見ましたが、第1部は最初の2,3回見てない
のです。
漫画の最後はどんなでしょう。
大沢たかおは、自分の台本には、咲さんの恋文は抜いてもらっていたそう
です。役者の思い入れ、すごいです。

2011/6/28  17:00

投稿者:piyo

ウィキペディアには「作者の村上もとかが遊郭について調べたことが、この作品を描くきっかけになっている。遊郭の遊女は貧しさで身寄りの無い娘が売られて来た者が多く、その娘が仕事柄梅毒に冒され、更には有効な治療法も無かったため、次々と命を落としていった。この事実を知った村上は憤りを感じ、せめて漫画の中だけでも彼女たちを救えないかと考えたという」と書かれていました。第15回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した原作は、モネさんのおっしゃるようにまた、テレビとは、違った作品になっているようですね。2009年放送の前作のテレビ番組を観ていない私は、そのDVDを観て、原作の漫画も読みたいです。

2011/6/28  14:18

投稿者:モネ

咲さんを救うために・・・だったのでした。
科学の行き着く先は、自滅なのかと思う今日このごろです。
漫画は、1巻と2巻だけレンタル店で借りて読みました。(貸本屋復活とい
う感じです)
テレビとは多少違うようですね。

2011/6/28  13:13

投稿者:玄柊

時空を超えた愛、それがJINのテーマだなと最終回を見て思いました。また、科学の発達は人を必ずしも幸福にしないという、原発へ、現代医学へのメッセージを感じました。
私は、原作漫画も読むことにしました。まだ、手を付けていませんがまもなく読書開始です。

http://northlandcafe.p1.bindsite.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ