いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2011/5/31

『レインツリーの国』・『阪急電車』  

昨日5/30、友人に教えてもらった「一個人」という雑誌の終わりのほうに、有川浩さんのインタビュー記事がありました。
アリカワ・ヒロシ(=中年のおじさん)だと思っていた人は、写真を見たら女性!まだ30代後半のアリカワ・ヒロさんだと分かってびっくり!

丁度同じその日に図書館で予約していた有川浩の『レインツリーの国』を借りてきたところだったので、今日5/31その本を朝から読み始めました。

ストーリは今どきよくありそうな、ブログを見て共感してメル友に・・という始まり。ところが相手は聴覚障害を持っている女性であるという展開で、驚きました。
・・・ドラマ「愛しているといってくれ」を思い出しました。
若い男性が、どうにかしてその女性の障害を理解しようと思う。。。
「言葉」を大切にすること、作者の大切にしている思いは、きちんと伝わってきました。
軽快な筆致と、微妙な心理もよくつかんでいて、深いのに軽い。
レインツリーとは、ネムノキのこと。花ことばは「輝き」World of delight.


あまりにも心地よく読めたので、引き続き家にあった『阪急電車』を”ついに”手に取りました。
というのは、ここ関西、阪急今津線の駅をよく知っている土地柄か、とても話題になっていた本で、最近映画になったこともあり、本屋さんでは大量に平積み。

多くの人に人気のある作品は、どういうわけか避けてしまう習性を持っている私は、読むのを避けていたのです。
若い人に人気のある作家の感性を、自分がどこまで受け入れられるのかも不安でした。

外出するときはほとんど車を使っている私は、阪急今津線を利用することはまれですが、人を送ったり、迎えたりするので、それぞれの駅はよく知っています。

宝塚ー宝塚南口ー逆瀬川ー小林ー仁川ー甲東園ー門戸厄神ー西宮北口

それぞれの駅までの間に、乗り合わせた見知らぬ人との出会いがあり、別れがあり・・・
半年後、折り返しで西宮北口から宝塚へ戻るとき、見事にそれぞれの人たちが絡み合う。
その底に流れる、通奏低音のような「正義感」

この沿線に撮影のため住んでいたこともあったという、今は亡き本の虫、児玉清さんの解説も心に沁みました。
*******
「透明なカメラとなって有川さんは森羅万象を見つめ活写する。読者の心に火を灯し、明るく明るく熱く熱く強く強く燃やしていくノリのある筆力」
*******
と児玉清さんも賛辞を惜しまない。


有川浩さんも本が好き、図書館が好き・・・その感性がそこはかとなく感じられ、予約待ち21番の『図書館戦争』を読むのが楽しみです。
そう、宝塚中央図書館にも行ってみたい。。。


1日に同じ作家の作品を2冊読む。
今までにない経験でありました。

人を楽しませる人・・・井上ひさしさんや、三谷幸喜さんにも通じるものを感じました。
関西弁の使い方もお見事。高知出身だそうですが、今津線沿線に住んでいらしたとか。
向田邦子さんのような脚本を書きたいとおっしゃる有川浩さん、期待しています!



クリックすると元のサイズで表示します


旋回   旭川  


northland-art-studioさんからお借りしました。



追記

本日6/2映画「阪急電車」見てきました。
近くのシネコンでやっていることが分かったからです。。
午後1時5分から始まるのでしたが、チケット売り場では、私の前に並んでいた人はみんな「阪急電車」。平日だけどどれくらいの人が見に来るのだろう・・と思っていたら、
始まったときは30人くらいはいたでしょうか。

やはり一人で来ているご婦人に声をかけられました。
「あなたも阪急電車?友達がいいって言うから来たのだけど、本を読んでからのほうがよかったかしら?」と。
私「2日前に本を読んだのですけど、映画もいいって友達がいってました。」

久しぶりの映画館でした。
とても良くできてました。
「いやだったら、嫌とはっきり自分の意志で言うべきだ」というメッセージが強く伝わってきました。
もちろん少し変えてあったけれど、それぞれのエピソードがうまくつながっていて見事でした。
惜しむらくは、「国際的なねずみのついた大きい鞄を持った女性との宝塚中央図書館でのエピソード」がすべてが欠落していること。
最後の出演者の名前が出てくるところで、「生」という文字が川の中洲にあるのに、何人の人が気がついたでしょう。折角映画のために再び作ったものなのに・・・

でも涙あり、笑いありで、とても良かったです。
身近な場所が、次々に出てくる映画、初めてでした。
用もなく、阪急今津線に乗りたくなりました。映画の情景を思い浮かべながら・・・

「片道15分の奇跡」を、2時間あまり楽しみました。
宮本信子の演じるおばあちゃんのように、きっぱりと生きたい。

関西のローカル線ですが、是非映画でお楽しみください。


追記 2

宝塚中央図書館をネットで検索したら、何と、去年音訳・朗読のデジタル化のことで見学に行かせてもらった図書館でした。
家から近いところにある、新しい図書館です。でもあるいは、作者が思っていらっしゃるところからは、移転したのかもしれません。
現在、ばく書というか、パソコンのメンテナンスのため、休館中であることも分かりました。
2



2011/6/1  18:31

投稿者:モネ

チロルさん
是非お読みください。よくできた筋書きです。
「フリーター家を買う」は見ていませんでしたが、面白かったようですね

今どき、現代の世相をよく表現しています。
そちらでは、なぜ上映されないのでしょうね。。
お嬢さんがこちらにいらっしゃる間に、阪急今津線、乗りに来てください
ませ。

2011/6/1  18:28

投稿者:モネ

piyoさん
ヒロさんでした。今日朗読の友達にも言われました。
軽く読めて楽しい。ハマリそうです。。
「生」という文字、この雨でまた流されたと思いますが、高校生らしき2
人が積んでいるのを見た人もいるとか。また誰かが石を積んでくれるとい
いですね。
「善き人のためのソナタ」は、DVDになってますよね。気になってはいま
した。今度探します。

2011/6/1  13:45

投稿者:チロル

阪急電車、私も気になってますが、未読です。こちらでは、書店では山積みですが、近くの映画館では、上映されないのですよ。びっくりです。
有川さんは、フリーター家を買う の作者でもありますね。

2011/6/1  12:50

投稿者:piyo

有川浩さんは「こう」ではなく「ひろ」さんで〜す。
我が家では「レインツリーの国」も「阪急電車」も読みました。
関西弁で書かれた小気味良い作品ですね。
特に「阪急電車」は、「溜飲が下がる」という風情?があります。
「レインツリー・・」は最初、聴覚障害の人とは
わからなくて、ちょっとミステリアス。
後から、そうか・・・聞こえていなかったのだ・・・と
わかる仕組み。
夫は、「阪急電車」の映画も観に行き、絶賛していました。
ついでに書かせていただけば
少し前の「善き人のためのソナタ」もお勧めだそうです。
「マイバックページ」は公開されたばかりなので
まだ観ていないそうです。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ