いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2010/11/29

龍馬伝  ドラマ

龍馬伝

これまでの龍馬像とは違うドラマを創るという意気込みどおり、
最終回まで、惹きつけてやまない、心揺さぶられるものがありました。

史実と違うところも多々あり、批判する人もいるけれど、
坂本龍馬を岩崎弥太郎が語る・・・
二人を対比して描いたことにより、龍馬の優しさがきわだった。

志を持って生きる!

友人のブログで岩崎弥太郎の立派な洋館の旧邸宅の写真を見た時は、
結局お金儲けという志を遂げた人物なのか、と思いました。
しかし最終回で、そうでなかったことが分かりました。
清澄庭園(きよすみていえん)は、社員たちとの交流の場であり、
「会社のためだけに働くのではなく、人々のため、国のために働くように」と社員に諭した。

龍馬の夢・遺志を受け継いで生きた人が、岩崎弥太郎だったと知りました。

新政府綱領八策に、自分の名前はない。
潔い生き方、、、
自分のためではなく、みんなが笑って暮らせる国を目指し、人々の幸せのために生涯を捧げた、龍馬。

33歳での死は、どうしてもイエス・キリストの生涯と重なります。
もし龍馬とその仲間たちがいなければ、日本は分割されて植民地になっていたに違いない。

そして来月からの「坂の上の雲」に至る「一身独立、一国独立」はありえなかった。


龍馬は日本人の心の琴線に触れる人物です。

司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を、再読したくなりましたが、
いまは、『坂の上の雲』をやっと読み終えて、『世に棲む日々』にとりかかっています。
吉田松陰と高杉晋作の生きざまも深く知りたいと思います。

歴史を知ることで、今をいかに生きるべきかを知る。




クリックすると元のサイズで表示します


大空へ羽ばたいた魂のように


northland-art-studioさんからお借りしました。
2



2010/12/2  14:38

投稿者:モネ

全くです。自分の利害、権力、名誉を求めるのではない、志をもった政治家
が現れてほしいですね。
この国の形は、どうなっていくのでしょう。

2010/12/2  6:55

投稿者:やまちゃん

いま、このとき あの国会のなかに 龍馬さんのような方がいるといいのに、、、

2010/12/1  20:03

投稿者:モネ

福山雅治が、龍馬になっていきました。少し年配の方は、役者がわーわーと
うるさいからと、1,2回で見るのをやめた方もおられましたが、私はとて
も面白く見ました。
歴史に実在する人は、現場を訪ねるとより親近感を覚えます。
桂浜にも行きました。

2010/12/1  14:31

投稿者:チロル

ここ2年は、「大河ドラマ疲れ」?をして、見ていなかったのですが、
今年は、見ました。
多芸多才の福山雅治さんが、どんな龍馬を演じるかが興味の一つでした。

私は歴史の詳しいことはわかりませんが、
作品として、とても現代的な美しい映像が多く
モダンな印象でした。
大河ドラマも、若いファンを増やさなくてはいけません。
よく見ると、これから活躍が期待される若手の俳優さんが
たくさん出演しています。大河ドラマにも、こんな役割があるのですね。
軽くなりすぎては今までのファンを失いますが、
良い傾向だと思います。

「新撰組!」放送時に、京都のゆかりの地をまわりました。
寺田屋も行きましたよ。その時、ドラマを見ていると
こんなに身近に感じるものなのかと、驚きました。
龍馬ゆかりの地も、訪ねてみたいですね。

2010/11/30  16:58

投稿者:モネ

光を巧みに生かした映像は、とても美しく印象的な場面でした。
武市へ妻からの蛍、月の光、朝の光、海も、、
歴史の現場を訪ねることは、強く心に感じるものがありますね。
龍馬のお墓、行ってみたい気がします。
力作の大河ドラマでした。

2010/11/30  13:51

投稿者:玄柊

最後のあたりで
「考える」

「がん得る」
になっています。失礼!

http://northland-art-studio.web.infoseek.co.jp

2010/11/30  13:49

投稿者:玄柊

私も今年は、なにかと批判の多い「竜馬伝」を最初から最後まで欠かさずに見ました。いまさら、なぜ竜馬を描くのか、もうやり尽くされているのではと思っていました。しかし、岩崎弥太郎をナレーターと友人役として史実より重要な役に持ってきたこと、史実を超えた真実を描いたことによる脚本の功績は大きかった思います。タイトルバックの映像、音楽、光を巧みに使用した映像、役者たちの意気込みはすばらしいと思いました。司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を超えるのは難しいことですが、一部の不満はともかくある程度それをやった番組として評価できると思います。
3月に京都を訪れて、伏見寺田屋、東山の竜馬と中岡の墓などを見てきた私には、非常に臨場感もありました。

志を抱き続けること、歴史を振り返り、現在を未来をがん得ること、ますます大切ですね。

http://northland-art-studio.web.infoseek.co.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ