いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2007/11/29

矢と歌−太田俊雄  ひと

「矢と歌」というロングフェローの詩があります。
自分が放った矢が、樫の木に刺さっているのを、ずーっとあとで見つけた。
自分が歌った歌を、友が歌い継いでくれているのを、ず−っとあとで知った。
という内容。

この詩を巻頭に掲げた『矢と歌−師弟物語』という本の著者が太田俊雄先生です。
新潟の日本キリスト教団の敬和学園高校の初代校長です。

私がこの本を図書館でみつけたのは、まだ20代のころでした。これは実話で、太田俊雄と、その恩師柴田俊太郎が出会い、その歌を歌いついでいく。
私はその歌を、私も歌い継ぎたいと切に願いました。

中学校で、国語の授業の最後の5分に『矢と歌』を少しずつ読んでいくのを、楽しみにしてくれる生徒たちがいました。(授業がそれだけ早く終わるというのも、魅力のひとつだったようですが・・)
全部読み終えて、みんなに感想を書いてもらって、私は新潟の太田俊雄先生に送りました。喜んでくださって、すぐにお返事をいただき、東京まで行くことがあるので、そちら(茨城県)へ寄りましょうか。と言ってくださいました。でもそのころもう高齢でご病気もあることを知っていた私は、遠慮して来ていただくことはしませんでした。お会いした方がよかったのかどうかは、いまでもわかりません。

*** ***
時代は日本が軍国主義に傾いていったころ、英語の先生だった柴田先生は神社で遙拝することが義務となっていても、「俺は耶蘇(ヤソ)だ。人が手で造ったものなど拝まんわい、空の青さはきれいだったぞ」と豪語する。太田はだからクリスチャンはだめなんだと思う。
柴田は歴史を読めといい、広い視野にたった考え方を語る。タバコを吸っている生徒を見つけても、その場では気が付かない振りをして、あとで太田に「あいつはあのままではだめになるから、お前から言ってやってくれ」という。その生徒は泣きじゃくり、心を入れ替え、優秀な成績で卒業する。
やっと自分の歌を歌い続けてくれるやつを見つけた。と柴田は太田との出会いを喜ぶ。
人を愛するとは、どういうことかをその生活で教えた教師を、私は知りました。

もちろん英語の先生となった太田は、後に新潟に敬和学園の創設に尽力を尽くし、毎年生徒を海外学習にアメリカへ連れて行ったり、広く世界を見ることを実践した。
太田先生はすでに故人となられましたが、いまは高校だけでなく敬和大学もできていることを今日、知りました。
市民大学講座開き、地域の方々と学生が謙虚に共に学んでいる。学校が地域に支えられ、地域に馴染んでいるということを知って、太田先生の歌はちゃんと歌い続けられているんだなあと感慨深いものを感じました。
** **

いっしょに「矢と歌」を読んだ生徒の中から、教師になった男の子がいます。残念ながら私が柴田で・・というようなことは無かったのですが、暖かい人柄の立派な国語の先生になったその子(もはや3人の子の父親ですが)に、私は『矢と歌』の本を贈りました。
16



2015/12/18  10:21

投稿者:モネ

とても嬉しいので、ここに書いておきたいです。
「矢と歌」をともに読んでいた生徒の中に、もうひとり
国語の先生になったT君がいました。
2015年12/12(土)に、33年ぶりくらいの再会をしました。
自分も国語の教師になりたい、、、と思ってなった。
と言ってくれました。
歌い継ぐ歌・・・・
きっと、T君が歌う歌を継いでくれる中学生、高校生がいるに違いありま
せん。

2012/3/2  15:45

投稿者:モネ

みちこさん
太田俊夫先生のお孫さんですか。
よくぞこのブログに来てくださいました。感激で心が震えています。
私は20代、キリスト教の学校で教鞭をとることになって、学校の図書館で「矢と歌」を見つけました。
生徒たちと一緒に、どんなに楽しく太田先生と柴田先生から教えを受けたことでしょう。
心から感謝しています。

2012/3/2  13:29

投稿者:みちこ

はじめまして。太田俊雄の孫の道子と申します。
ロングフェローの「矢と歌」を検索していてこちらのブログにたどり着きました。

祖父の本を読んで下さったこと、そのメッセージを子ども達に伝え続けてくださっていることに感動し、ひと言お礼を申し上げたくてコメントいたしました。

ずいぶん前の日記でしたのに、突然飛び込んでごめんなさい。

2007/11/30  18:54

投稿者:モネ

けろちゃん
その子は、いま私たちの広島の山奥の、あの学校で教えているんですよ。去年コワイヤーの付き添いで来てくれて、何十年ぶりの再会をしました。
いま南極へ越冬隊員として行っている人もいますよね。
みんなそれぞれの道を歩んでいます。いいですね。

2007/11/30  17:44

投稿者:けろちゃん

モネ先生のクラスは覚えていますよ〜窓際の明るさと中学生の夏服の水色のジャンスカと…まだ身長のびかけの男子が窓の外を眺めていたり。なんでか、パンを作る何かのエピソードを伺った気がしますが、なんだったのかなあ。国語の先生になった子がいたのですねえ!すばらしい種まきだったのですね。私は今はあまり同級生と連絡をとってはいないのですが、年末には、お医者さんになった子と、看護士長になった子に会えるので楽しみです。来年春には、仲良しだった子がジャイカで、一家でパキスタンへ! 同じ信仰があるのは嬉しい事です。

http://yaplog.jp/ten-hashi/

2007/11/29  16:49

投稿者:モネ

何を受け取り、何を残すか。誰に出会い、誰と出会うか。
人生は謎に満ち、巡りめぐる。。でありますよ。。

2007/11/29  15:15

投稿者:玄柊

「矢と歌」を巡るさまさまなお話、過去に生きた人の気持ちを受け継ぐという気持ちは私にもあるので、感慨を持って読ませて頂きました。

http://northland-art-studio.web.infoseek.co.jp

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ