いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2009/10/31

第8回 朗読ライブ  朗読

神戸の西、舞子ビラ神戸 あじさいホールで
昨日10/30 朗読ライブがありました。

山田朗読研究会という、朗読の指導者たちの発表会

前半は
詩集「愛の唄」より 桑原茂夫編集
 いわゆる詩の朗読でした。
田中浩之さんがバックでピアノを弾いてくださる。
 最後の「枯葉」は、あの枯葉を弾いてくださった。

次に東海林さだおのユーモアエッセイから 
「やかんの告白」
これは私達の会のリーダが読みましたが、会場の反応もよく、
結構長い文章ですが、最後まで面白く聞きました。

そして今回一番聴きたいと思っていた
太宰治の「駆け込み訴え」

これはイエスキリストを裏切った弟子、イスカリオテのユダの訴え。
4人の人が中世の修道士よのような、黒いフード付きのマントを着て
とても力強く、そして4人が一人のユダになりきって、
見事な朗読でした。
驚いたことに、出だしの音楽はバッハのマタイ受難曲の47番
「主よ憐れみたまえ」でした。
これはペテロの裏切り・・・
効果音の担当は、いつものKさん。
その鋭い感性と知識には、いつも舌を巻きますが、
今回もやってくれました!

休憩をはさんで、後半は

イソップ物語抄より  福沢諭吉 著
文語体で訳されたイソップ物語を聞くのは初めてでした。
「蟻とイナゴのこと」=アリとキリギリス
「牛飼う子供 狼と呼びしこと」=狼が出たぞー

大指導者山田烈子先生は朗読を始めて35周年、
それを記念してか、樋口一葉の「十三夜」を読まれました。
折りしも10/30は、十三夜、、奇遇でした。
最初は山田先生おひとりで、後のほうは、ピアノの田中浩之さんが車夫となり、
朗読デビューでした。衣装も決まっていて、なかなかでした。

山田先生はシャンソンも歌われるからでしょうか、
その朗読はとても力強く、声に張りがあり、さすがです。


朗読と音楽の演奏は似ている。
表現者としてとらえると、ピアノも歌も朗読も同じかもしれない。

充実した、中身の濃いライブでした。

帰りに「いい朗読を聞くと、自分もまた頑張らねばという気持ちにさせられる」
と語られた81歳になられるHさんの言葉に、
身が引き締まる思いをしました。


電車から見た海。
須磨の海岸、波打ち際を走る列車。
残念ながら海に沈む夕陽は見れませんでしたが、
暗くなった夜空に、十三夜を見ました。



クリックすると元のサイズで表示します

northland-art-studioさんからお借りしました。

これはいずこの月でしょうか。



クリックすると元のサイズで表示します

これは10月30日の十三夜です。
私が携帯で撮ったので、よくありませんが。。。
0



2009/11/1  8:10

投稿者:モネ

「駆け込み訴え」は期待以上の迫力でした。20年以上朗読をなさっている方々、さすがでした。主よ憐れみたまえが流れてたときには、本当にぐっときました。
朗読を聞く機会は、ありそうでなさそうな・・ですね。

2009/11/1  0:20

投稿者:玄柊

なかなか、広い範囲を網羅した内容で、音楽も興味深いですね。
やはり、私が一番好きな作品は「駆け込み訴え」です。太宰は一行も直さずに書いたとしか思えません。それくらい見事な文です。そしてこれに「主よ憐れみたまえ」・・・。是非、聞いてみたかったと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ