いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2009/7/20

ジョイント コンサート  音楽

海の日の今日、神戸の西の果てでシャンソンのジョイントコンサートがあり
行ってきました。

フランス料理のランチをいただきながらのライブです。
朗読の山田烈子先生とジョイントするのは歌手の山田直毅さん、
ピアノは田中浩之さん。(上野山みどりさんと同じ顔ぶれ)

仲間と二人で行きましたが、予告どおり私達の席はかぶりつき、
真ん中の正面、ピアノとの距離は2メートルもない
繊細ながら力強いその音が、お祭りの太鼓がお腹に響くように
ずしんとくる。

3回目となるこのジョイントコンサートに、私は初めてきました。
シャンソンが中心ですが、朗読もあり、歌もいろいろ。
直毅さんのゴッドファーザーもあれば、
烈子さんの津軽のふるさとという美空ひばりの曲あり、
さとうきび畑は反戦の思いを込めた朗読のあとで歌われました。

隣の席には、「虹」という朗読グループからお一人で来られた方。
昨夜は歌舞伎を見てきたとか、チェロのライブのある神戸のお店の話とか、
廃刊された「神戸っ子」という素敵なタウン誌にも関わっておられたとか、
あれこれ話が弾み、住所やメールアドレスを交換しました。
新しい出会いです。

12時に到着しましたが、なんと4時半まで、
たっぷり歌と朗読を楽しませていただきました。

朗読の大御所ですが、シャンソン歴も10年以上、フラメンコもなさっている、
山田烈子先生のパワーは、底知れない。

充実した人生!溢れる情熱、
息子のような年齢の山田直毅さんとのコンビが
長く続きますようにと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ニリンソウ

クリックすると元のサイズで表示します

ミズアオイ

northland-art-studioさんからお借りしました
0



2009/7/20  23:21

投稿者:モネ

はっきりとは言えませんが、山田先生はもう60代後半・・そのエネルギー、恐るべしです。
150名くらいの小さな会場ですが、アットホームな会話も楽しく、いい時間を過ごさせていただきました。

2009/7/20  23:00

投稿者:玄柊

山田さんは、シャンソンだけではなく、フラメンコもやっているのですね。さらに朗読も・・。パワフルで多彩、楽しそうな時間でしたね。
兵庫の暑さが飛んで行ったような祝日ですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ