いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2009/6/28

幼子のように  いのち

このごろ、教会に小さい子たちが来てくれるようになりました。
転勤で二組、4人の子と前からいる二人の子。
一番年長は、小学1年の男の子、その妹は幼稚園。
双子の男の子たちは4歳。
そして4歳のお兄ちゃんと、2歳の弟。
2歳の男の子と友だちの小学2年の女の子。

時を同じくして、青年も増えてきた。
働きながら理学療法師を目指す24歳の青年。
近くの大学の4回生21歳、3回生20歳、1回生18歳。
少し年上の看護師の女性と、会社員の女性。

昨日は、4歳のお兄ちゃんと2歳の弟が来てくれた。
蛙とおたまじゃくしを、大きいお兄ちゃんに見せたくて、
早く行こう、早く行こうと、お母さんをせかせながら。

青年たちが、お昼ご飯を食べるのを待ちかねて、
二人は肩車してもらったり、腕を持ってぐるぐる飛ぶように回してもらったり。
この暑い中、僕達も小さい時に教会でお兄ちゃん達にいっぱい遊んでもらったからと、
青年たちは喜んで、可愛がってくれる。

4歳の男の子は、青年を「天使のお兄ちゃん」と呼ぶ。
(私も天使のおばちゃんと呼ばれたい!と言ったら、
青年が天使のお姉さんですよと。それは無理かも)

そして昨日は、感動的な場面を見せてもらいました。

昨年の9月に教会で脳出血で倒れた婦人は、お医者さんも驚くほどの回復で、
右半身の麻痺は残るけれど、少しずつしゃべることも出来るようになりました。
しかし右肩が外れやすいからと、三角巾で腕をつって、車椅子です。

4歳の男の子は、その婦人を見て、可哀想だと泣きそうになったのです。
やさしい、やさしい、その心に、私達は打たれました。
一緒にいた青年も、何だか僕も見てるだけで涙がでそうだと、
柔らかな感性にみんなの心は、ほんわか。

さっきまでデジカメを持って、キャッキャ、キャッキャと笑いながら
みんなを写していた男の子、
蛙に名前をつけようかと言うと、
大きな目をくりくりさせていた男の子。
蛙はケロタ、おたまじゃくしはケロイチ、ケロニ。
タニシはまだ名前なし。

「おばちゃんは、こうしてお話もできるようになったし、
ご飯も食べれるから、大丈夫だよ」と車椅子の婦人がゆっくり話すと、
小さな頭をこっくりさせて、手をにぎった男の子は、また泣き出しそうに。

健やかに、この純粋無垢なやさしい心を、いつまでも・・・

幼子のようにならなければ、天国には入れません。
俗悪な垢を落とさなくては。


クリックすると元のサイズで表示します

男の子は、カメラがお好き。

もちろん、この子が、あの子ではありません。
noethland-art-studioさんからお借りしました。
京都の旅で見つけた男の子ですね。
1



2009/7/3  11:03

投稿者:モネ

やまちゃん

お元気ですか。お久しぶりです。
活動的な毎日をお過ごしのことと思います。
今年は関西地区の伝道はお休みでしたか。
こちらにいらしゃるときは、是非ご連絡くださいね。
うちは、クリスマスに高校生の聖歌隊が広島から来てくれます。

主の祝福と恵みが溢れますように。

2009/7/2  6:31

投稿者:やまちゃん

お久しぶりです。

教会にお友達、青年たちが、、、
嬉しいことですね

週の後半も主の祝福があふれますように

2009/6/29  10:41

投稿者:モネ

幼い子の素直な心を、忘れてはいけない。
何の駆け引きもない、その純真さを、取り戻したいという気持ちを、持ち続ける大人でいたいものです。
いいお写真をありがとうございます。

2009/6/29  9:50

投稿者:玄柊

年齢を重ねるということは、傲慢を身につける可能性も大きく、幼い子に教えられることが数多くあります。
2008年3月、京都の高雄神護寺で、混血の少年と出会いました、人を撮影することの稀な私ですが、素直な心を感じさせる後ろ姿にシャッターを押しました。

2009/6/28  23:29

投稿者:モネ

けろちゃん

まっこと、心打たれましたよ。

幼な子に教えられます!!

2009/6/28  23:24

投稿者:けろちゃん

なんてステキな子供でしょう!!びっくり!!

天国に住んでいるみたいですね〜ハートx2

http://yaplog.jp/ten-hashi/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ