いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2009/1/22

花言葉  

紫色のセントポーリアが、二つ花を咲かせました。
2回失敗して、枯らせてしまったことがあるのですが、
今年はテーブルの上において、水をやり過ぎないように気をつけたら、
小さい花をつけました。

4年経った赤いシクラメンも、台所の出窓で、
二つの蕾をつけました。

火曜日に祈りの組で、スジャータのフレッシュにあった花は
ナナカマド。三浦綾子さんのお好きな、旭川の花です。
花言葉は、「私と一緒にいれば安心」

友人Yさんは、コスモス
「乙女の真心」
Iさんは、ベゴニア
「片思い、ていねい、親切」

そして今日、品切れになっていた
「風のガーデンー貞三先生の花言葉」の本がやっときました。

想像していたものの半分の大きさの小さい本ですが、
すべて美しい花の写真があり、名前と説明、
そして思わず噴出しそうになる、花言葉・・・

ドラマの中で聞いたものもありますが、
ぱらぱらとページを繰っていたら、
なんと私の名前が出てきて、びっくり。

忘れな草に似た小さい青い花は
ブルンネラ・マクロフィラ・ジャック・フロストという名前。
花言葉は「冬の天使の涙の跡」
春から初夏にかけて咲く花。

「はかなく揺れる秋風の精」という花言葉は、
コスモス。

カサブランカは
「わが青春のイングリット・バーグマン」
成程。

テウクリウムという紫色の花
「視聴率が高いからって 良いドラマとは限らない」

スノーフレーク
「天使ミカエルの耳飾り」

365の花たちに、よくぞ思いつかれた花言葉。
貞三先生、倉本聡さん、お見事でした。

カンパニュラの仲間は、13個
7番目があの、カンパニュラ・プンクタータ・・ウエディングベル
「孫娘を嫁に出す日」

10番目が、カンパニュラ・プンクタータ・フラッシングライト
「Love true love」

ああ、尽きません、花言葉。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

northland-art-studioさんからお借りしました。
コスモスと白い花の名前は分かりません。
雪の富良野に春の音づれが、待ち遠しい冬の日
0



2009/1/23  0:02

投稿者:モネ

富良野の「風のガーデン」を思い出します。
雪の下にも、新しい命は力を貯えて、春に備えているのでしょう。
自然は奇跡の連続です。
流氷が来たようですね。

2009/1/22  23:23

投稿者:玄柊

厳しい、そして白い世界から抜け出る春。そこには花の香りと優しさに包まれる世界があります。
それは冬の凍りついた世界があるからこそ、心から感じられる世界でしょう。
「ありふれた奇跡」は、我々の日常にこそあるのかもしれません。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ