いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/11/30

開高健  ベトナム戦争  ひと

佐治敬三に見いだされた人、開高健。

サントリー(壽屋)の文案家(コピーライター)として働き始めたところから、
その才能が開花していった人らしい。

私は、全く開高健の作品は読んでいなくて、
釣りが好きな作家・・・くらいの認識しかなかった。

1930年(昭和5年)の生まれなので、大阪で空襲を経験している。
それが遠因か、ベトナム戦争のルポルタージュ『ベトナム戦記』を書く。
のちに小説『輝ける闇』。

1964年11月15日、朝日新聞の臨時特派員として、
サイゴンへ行き、ベトナム共和国軍(南ベトナム軍)の兵士と共に、
最前線に出て、戦争を実体験した。
民間人なので、丸腰。武器は持たなかった。
その時、200人中、生き残ったのは17人だった。。。

1989年12月9日58歳で食道がんで亡くなる。
茅ヶ崎の邸宅は、開高健記念館となり、
墓所は、鎌倉の円覚寺にある。

子どものころ、テレビでよく見た、サントリーの宣伝のイラスト・・・
いまも覚えている。
どこか、しゃれていた。

クリックすると元のサイズで表示します

  レインツリー (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   お写真、ありがとうございました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ