いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/9/25

映画「天使のくれた時間」  映画・演劇

アマゾンプライムで映画を探していると、
全く知らなかった、古いけど、面白くいい映画に、行き当たることがあります。

ファンタジー、時空を超える映画は、大好きなのですが、
この度、2000年に作られた(もう20年を過ぎる)映画
「天使のくれた時間」は、思いがけなく、当たりでした。

主演は、ニコラスケイジ(ジャック)とティア・レオーニ(ケイト)(主演女優賞)

時は1987年空港での二人から始まる。
そして13年後のジャックが、クリスマス・イブに遭遇する不思議なこと。

「もしもの世界」は、歳を重ねると、ふと、青春時代の
あの時、あそこで、もし、違う選択をしていたら・・・と想像することがある。

それを映画にしたもの。

空想の家族、女の子は、パパは、エイリアンかもしれないと思い、
「わたしを、改造しないで」と頼み、地球へようこそ」という。

人生で、何を一番大切に思うか、という価値観。

人生の半ばで、変更することは、できるのか?

主人公たちが、最後に、何を選ぶのか、
ハラハラ、ドキドキしました。

いろんな結末を考えることができる終わり方、、、、
なかなか、粋でした。

自分で変えられる人生の部分と、
変えられない運命の部分が、あるような気もします。

どなたか、この映画、ご覧になってますか?


クリックすると元のサイズで表示します

   アーモンドの花  (「よしみが行く」さんからお借りしました)

    アーモンドの木は、目覚めの木とも呼ばれているとか。
    桜の花に似ています。

    いつもありがとうございます。
0



2021/9/27  9:47

投稿者:モネ

kazuさん、人生の選択の時、、、、いっぱいあります。
失敗かどうかは、時が経たないと分からないこともありますね。
どんな苦境にあっても、望みをいだいて喜びたいものです。

2021/9/27  9:04

投稿者:KAZU

 この映画は観ていませんが、似たような設定の古い映画を思い出しまし
た。「スライディング・ドア」(1998年)。ヒロインが地下鉄に乗ろう
とする。その時目の前でドアが閉まってしまう場合と、無事に地下鉄に乗
りこめた場合、このふたつの話が同時進行で描かれ、運命が大きく変わっ
てしまうという面白い趣向の映画でした。詳細は忘れてしまったけれど、
こういうこともありうるかもしれないと思わせるものがありました。たと
え間違った選択をしたとしても、それを間違いではなかったことに変える
ことはできるような気がします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ